333.日本語って深い

こんにちは。


谷田部です。


突然ですが、問題です!


「きく」という漢字は、5つあります!


注意)「菊」は含みません。。。


それでは、紙とペンを用意してください。


3分で書き出してみてください。


よーーい!スタートしてください!






・・・






・・・






・・・





どうですか!?


書けましたか?


では、答え合わせにいきましょう!



「聞く」



「聴く」



「訊く」



「利く」



「効く」



日本語って、同じ読み方で違う意味って
本当にたくさんありますよね!


では、それぞれがどんな意味なのか見ていきます。


「聞く」・・・耳に入ってくる

「聴く」・・・意識して情報を取る

「訊く」・・・物事をたずねるときに使うもの

「利く」・・・五感をフルに使って感じながら情報を取る、例)利き酒

「効く」・・・働きかけること、例)バファリンが効く


このように状況によって意味が変わります。





スポーツ現場で必要な『きく』とは・・・



「利く」と「効く」です。




五感をフル活用して選手の話を利き、


そして選手に積極的な働きかけをすることで効果を上げる!




さて
スポーツ現場では、一方的に指導者が話しているときは学びが薄いのです。

ちょっと想像してください。

サッカーの練習中⚽️

ヘディングの練習をする選手がいて・・・

何度も落下地点を間違えてしまい、
ボールを自分の後ろに落としてしまう選手がいました(いわゆる「かぶる」と言われているもの)

そこでコーチが、

「なにやってんだ、〇〇」

「ちょっと、こっちにこい!」と選手と呼び、話を始めました。

コ「いつも練習してるよな?」

選手「はい!」

コ「なんでできないんだ?言ってみろ!」

選「はい!・・・」

コ「いつも話をちゃんと聞いてるのか?」

選「はい!」

コ「いつも落下地点の手前で待って、そこに走って入れ!って言ってるだろう!」

 「次は失敗するなよ!じゃ戻って!」

選「はい!」

このやりとりは、有効でしょうか?

あなたならどんな会話をしますか?




良いスポーツ指導者としての


『P・A・T・R・O・L』


今回は、その『L』


Listening(聴く)= 話をよく聴きましょう!



自分が話すより、選手の話を聴く時間が大切です。


指導者が「なってほしい選手」ではなく、


選手自身が「なりたい自分」を意識し、


その姿に気づいてもらうには、選手自身がたくさん話す機会を設けることです!


つまり、選手が話すことが学びは深まるのです。

指導者が積極的な働きかけをするのは、選手が話すきっかけを作ることです。

自身がわちゃわちゃ話しているときは、半分も聞いていないかもしれません・・・

なぜなら、自分で納得してはじめて身につくからです!

あなたは指導中に選手と関わるとき、どのくらい自分が話していますか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




332.二度手間・・・

こんにちは。


谷田部です。


娘の保育園にお迎えに行った時のお話。


「あぁもうこんな時間だ、、、」

時計の針は、17時18分を指していました。



もうすっかり太陽は姿を隠して、
辺りは真っ暗になっていました。


車を走らせ、駐車場に車を停めて、
保育園に向かうと・・・


数名の園児と遊ぶ娘の姿が確認できました!



先生が、
「めいちゃん、パパがきたよ~」
と娘に言ってくれたので、


娘は僕に気づき、笑顔で駆け寄ってきました!


「お~か~え~り~」
(ただいまの意味です笑)


先生から着替えや日誌などを預かり、保育園を後にしました!



手をつないで駐車場に向かおうとした次の瞬間・・・



「あっち行く!」



駐車場と逆を指差し、私はこっちに行くんだと強い意志をぶつけてきました。



「車で来てるから、車に乗って帰ろうよ~」



僕の言葉など意に介さず、



あっち~、い゛ぐ~!!!!」


道を歩く人が、ちょっと引くくらいの声で・・・
(めっちゃ気まずい・・・)



泣く泣く、抱っこで娘の行きたい方へ・・・



途中で気分が変わって戻るだろうと思い、



100m・・・200m・・・電車を3本通過するのを確認して



僕「じゃ車の方に行こうか~?」



「だっっっめ~!!!」



結局、家まで抱っこで帰宅・・・



僕は、再度、歩きで駐車場まで車を取りに・・・



はぁ・・・二度手間・・・



さて、
面倒なこと、大変なことだと思っても
これは成長の過程ということです。



良いスポーツ指導者としての


『P・A・T・R・O・L』


今回は、その『O』


Observation(観察)= よく観察しましょう!




そのミスは試合に勝つためには良くないかもしれません。



でも、その選手の成長には必要なことかもしれません。





その選手に答えを教えることはすぐにできるかもしれません。



でも、答えを教えてしまうことで考えなくなってしまうかもしれません。





そのように選手を短期的・長期的に選手を観察していくことは、とても大切なことです。




選手たちは、


答えを教えてくれる指導者を求めているわけではありません。


なんでもOKという指導者でもありません。



たとえ
その瞬間は納得できなかったとしても


その選手を良く観察して


適材適所に、臨機応変に、


対応してくれる指導者を求めています。




常に選手から


「自分は見られている」


という安心感が必要です。




言葉を使わずとも安心感を与えられる指導者って素敵です!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




331.尊敬と尊重

こんにちは。


谷田部です。



子供達を集めてミーティングをしたり、


子供達に練習の方法を説明したり、


子供達を集めて解散前に話をしたり、


スポーツ場面でよく見られる全体指導。



僕はいつも気になっていることがありました。


それは、、、


いつも前で話を聞くメンバーが
同じということです。


もっと言うと、


自分の指定席が決まっているんじゃないかと言うくらい同じ場所に立つんです。



以前の僕は、



「だいたい後ろにいる人は、話を聞いていない・・・」



そんな思い込みを持っていました。。。
(子供達には本当に申し訳ない思い込みを持っていました、、、)



さて、
選手一人一人には、個性があります。


その個性を尊敬し、尊重することが大切です。


良いスポーツ指導者としての


『P・A・T・R・O・L』


今回は、その『R』


Respect(尊重)= 尊敬しましょう!尊重しましょう!


個性とは、他の人とは違う、その人の特徴や性質です。


これは、『性格』とは少し違うものになります。。。
(これはまた別の機会に・・・)


「話を聞く」という行為、一つとっても10人いれば10通りの聞き方があると言うことです。


でも、それでは一人一人に合わせた伝え方をしなければいけないのか!?


そんなこと言ってたら全体になんか話ができないじゃないか!?


そう思われる方もいらっしゃって当然です・・・



なので、それを解消するために、
人は大きく4つの個性に分けることができるのです。



コントローラー


プロモーター


サポーター


アナライザー



この4つに分類できるのです。



この4つのタイプはそれぞれ性質が異なり、
話を聞くという行為1つでも、全然特徴や性質が違います。



たとえば、

コントローラーやアナライザーは、
基本表情があまり表に出ません。

なので、

「お前は話を聞いているのか!?」

と言われたことがある人は、どちらかに入る可能性があります。




プロモーターやサポーターは
人との関わりが大好きなので、
基本人との距離感は近いです。


なので、

ミーティングで前にくる子たちは、

このどちらかに入る可能性があります。



もし、
指導する以前に選手たちの4つのタイプを知ることができたら、
あなたはどんな障害を減らすことができますか?



それってあなたの指導にとってどんなメリットがありますか?



それを知ることができたらどんな指導ができそうですか?



きっと今よりも効果的で


今までストレスに感じていたことが、


それは個性なんだと割り切って、


もっと別のことに集中できる気がします!





あまりタイプに分けるの好きじゃないんだよ!
って方もいると思いますが・・・



あくまでこれはツールです。



あなたが指導者として、さらに良い指導をするために
選手を尊敬・尊重するためのツールとして使っていただけたらいいと思います。



「この選手はやる気があるのか!?」



そう見えていたのが、
(思い込んでいたものが・・・と言い換えることもできますが、)



そういう性質を持っているんだ、という認識に変わることで、



あなたがその選手にかける言葉は変わりますよね!?




それはとても生産性の高いことだと僕は思います!




選手の個性を尊敬・尊重しましょう!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



109.効果的しつもんで新しい気づきを!

こんにちは。



谷田部です。




締め切りの差し迫った案件が
僕を苦しめています。



進み具合がよくありません。



夜も寝る時間を削って
取り組んでいるんですが、、



ある日は娘の寝かしつけで
一緒に寝てしまって

「何やってるんだ?」

って自分責めしています。




そんな時にいつも
自分にかけている言葉が



「なんで寝ちゃったんだ?」



「なぜ作業が進まないんだろう?」



「なんで?」「なぜ?」の質問責めです。




この「なんで?」「なぜ?」は
原因を追求するもので、
言い訳を探し始めます。




「だって寝かしつけすると寝ちゃうんだよな~」



「だって自分の強みなんてわからないしな~」



「言語化が苦手なんだからしょうがないよな~」



最後には「自分は、なんて意志が弱いんだ!」



と言い訳からの自分責めで
また自分にムチ打って
動き出しを強要しているんです。




さて
言い訳や自分責めにつながらない
しつもんをしていくことが、



前進すること



改善すること



解決策を生み出すこと



につながっていくのです。





それは、

過去のプラスできる要素に着目する



未来に焦点を合わせる



視点を変える



そんなしつもんをすることです。






具体的には
こんなしつもんです。




「どのようにしたら、それが達成できたのだろう?」
(過去のプラスできる要素に着目)





「将来の夢を叶えるために、明日すぐに何を始めたらいいだろう?」
(未来からの視点で焦点を合わせること)





「相手の立場から自分はどのように見えているだろう?」
(相手の立場からあなたを客観視すること)





効果的なしつもんには、言い訳をする隙間はありません。



効果的しつもんで新しい気づきを!
あなたにはどんな気づきがありますか?





【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website





102.叱るポイント

こんにちは。



谷田部です。




緊急事態宣言下、自粛疲れはいかがでしたか?


毎日
お子さんの面倒を見て

ご飯を作って

洗濯して

掃除して

勉強もさせて


ママさんパパさん
本当にお疲れ様です。



そんな中
お子さんの問題行動には、
あなたも頭を悩ませていることでしょう。



あなたからすると考えられない行為


大人ならやらない行動


常識では考えられないこと


いっぱいありますよね。





さて
その度にガミガミ怒ったり


やること全てに口を出したり


逆にやること全てを褒めすぎたり





極端になりすぎると、、


全部の行動を見ていないといけない


全ての行動がいけないことに見えたり


ちょっとした行動が全部気になったり



お子さんを見る目が

監視カメラになってしまいます。

それだと
あなたもお子さんも息が詰まります。




さて
ここで大切になってくるのが、
マインドセットです。


「親の思い通りになる子供はいない」


「いたずらや問題行動は探究心を表現している」


僕はこんなマインドセットで
この自粛生活を過ごしていました。


そんなマインドセットに書き換えても
いたずらはやめないよって声が聞こえてきそうですが、、





では、叱るポイントを決めてみたらどうですか?


いたずらは絶対するんです!


絶対に叱るなら

「このラインを越えたら叱る」

という部分を決めることです。



そのポイントは



暴力
・・・叩いたり・おもちゃを奪ったり・押したり




不健康
・・・寝るのが遅かったり、食べ過ぎたり、




不道徳
・・・差別したり、自己中心的だったり




という3つに絞って叱ることで
あなたも叱りやすくないですか?


また、ポイントを絞っているから
いつも優しいあなたが叱ることで
真剣さもより伝わります!




では、
あなたの叱るポイントはどこですか?




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



101.自発的行動で学びを得ている!

こんにちは。



谷田部です。



毎朝、
3密にならない公園に
娘と妻と散歩に行きます。




花柄のマスクをして
帽子をかぶって
いつも散歩は
ルンルンな娘です。




歩いていると


何かを見つけては
指を指して
「あれー!」
と教えてくれます。



何かを見つけたら
しゃがみ込んで触ってみます。



ちょっとしか
歩いていないのに
抱っこを強要します笑



行きつけの公園につくと
真っ先に水道に行き
蛇口を捻るように
命令されます。



蛇口から
出てくる水に
とても興味があるようです。




さて、
大人の目には無駄なことに見えることも
非認知能力を高めるには、
とても大切な行動なんです。




このように好奇心から



触りたい



行ってみたい



口に入れてみたい



など
自発的行動を通して
学びを得ているんです。





もし
大人のあなたが
他の人には分からない
自分だけが好きなことに
没頭している時に



横から


「何でこんなことしてるの?」




「それよりこうした方がいいじゃん」




「そうじゃないでしょ?」




とやることなすこと全てに
口出しされたらどうですか?








「イラッ」
としませんか?




「ほっとけよ!」
って思いませんか?





子供も同じだと思います。







1歳でも子供は、
おそらく
僕たち夫婦が
どんなことを話して
どんなことを言っているのか
分かっていると思います。




言葉として
伝えることはまだまだできませんが、
内容は理解していると思っています。



ここで起こるのが、


「言葉を話せないから
聞くことも理解できないだろう」


という勘違いです。





子供が何かに没頭していたり



熱中して夢中になっていたり



黙々と取り組んでいたり



そんな時は
黙って静観してあげてください。



でも、声かけしなければいけない時もあります!



それはまた今度!




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website




100.認知能力と非認知能力!

こんにちは。



谷田部です。



早期教育がいいと
言われています。



赤ちゃんから始まる英語教育




◯歳までに決まる子供の脳




赤ちゃんが使う知育玩具




など



それらは、

「賢い子に育てる」

という目的です。



そのために「認知能力」を
高めようと早期教育に
力を注いでいるのです!



「認知能力」を
簡単にいうと



読む



書く



計算する



記憶する



など



これらが優れていると
賢いとされていたのです。






しかし最近、
それらが大切なのは
分かっているけど
それ以外の能力に焦点が
向けられるようになりました。



それが


「非認知能力」


です。





「認知能力」ではない能力です。

それを区別しておく必要があります。





非認知能力は、
大きく分けて3つあります。





忍耐力
(最後までやり抜こうとする)





社会性
(人と上手にコミュニケーションする)





感情コントロール
(気持ちをうまくコントロールする)



認知能力が悪くて
非認知能力が良い
という話では決してありません。
僕は両方必要だと思います。



さて、
このコロナウイルスの影響で
社会ではとても影響を受けた方が
多くいらっしゃいます。




暗いニュースしかやっていない状況下で
子供達は生活しています。



これから
ある程度収束の道を辿ると思いますが、



もし
何年後かにコロナウイルスを凌ぐ
強烈なウイルスなどが流行ったとしたら



当時の子供だった彼らはどんな思考や考え方で
この状況を乗り切るのでしょうか?





現在よりも悲惨な状況下で




耐え忍びながら行動する
(前進するという意味)





周りの人と協力する
(素直に助けてと言える、
 得意なことをお互いに活かしながら
 乗り切る)





自分の気持ちをコントロールして
現状に冷静に向き合う





そんな思考ができなかったら
どうですか?





だからこそ
表面的な認知能力も大切だが、


その人の幹になる非認知能力に


焦点が当てられれていると思うんです。





詳しくはまた明日!



【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website





99.非認知能力とは!?

こんにちは。



谷田部です。




うちの娘の話です。
1歳7ヶ月になりました。



以前
お伝えした気質タイプは、


「アクティブタイプ」


毎日、暴れています笑



さらに
最初のイヤイヤ期に
突入したころです。




自分でできることも
増えてきて


その瞬間
やってほしいことを
強制しようとすると



「イヤ!」



とはっきり
突っぱねられます!




最近は
キッチンのシンクに座って
しゃもじで水道の水をすくい
自分で飲むという
荒技をやってのけます!
(服はビッショビッショ、、、)




それも成長かと
思えるときもありますが、


仕事が立て込んでいたり


忙しかったりすると


イラッと
することもあります!





さて
この時期にこの子に
大切なことってなんでしょうか!?






いろいろな


子育ての仕方があるし、


何が正解か考えると


あれも


これも


無数にあるので、
分からなくなります、、








一言で言うと


「非認知能力」


です。





たとえば



失敗から学ぶことが上手



人と協力できる



自分で考える



違う価値観を柔軟に受け止める



新しい発想ができる








そんな力です。



具体的には明日から!
楽しみにしていてください!




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website




98.元気に笑顔で挨拶習慣!

こんにちは。


谷田部です。



以前
スクール活動中に
ある選手から
こんな声をかけられました。



子供
「コーチ、
 月曜日と水曜日で履いている
 シューズ変えてるでしょ?
 月曜日は白、水曜日は黒が
 多いよね~」

 

自分
「よく見ているね~
 実はそうなんだよ!
 砂のグラウンドと
 人工芝のグラウンドで
 靴を変えているんだよ~」




正直、びっくりしました!

本当によく見ているなと
感心しました。




さて、
子供達はまねの天才です!

カッコよく言うと

「モデリング」

です!



モデリングには、
まず相手をよく
観察することから始まります。




あなたも子供たちを
よく観ていると思いますが、
逆も然り。
(本当によく見ています!と言うか見られています)



あなたが

やってほしい!

と思ったことが
できないのは、
子供の責任ではありません。



まず、
あなた自身が正しい行動を
見せることから
始めてみてはどうでしょうか?




もちろん
一回見ただけでは
できないものもあります。




それは、


繰り返し

繰り返し

繰り返し





正しい行動を
見せることが
大切です!



たとえば、
子供たちから朝のあいさつを
させようと思ったら


「あいさつしなさい!」


と強制するよりも



大人の方から


「おはようございます(ニッコリ)」


笑顔であいさつすれば、
個人差はありますが、
自然とあいさつしている
状態になります!




そんな世界や文化が
素敵だと思うんです!

強制すればすぐやるかもしれません。

でも、
気づいたらそうなっていた!
そんな環境を
創っていきたい!




だから今日も

「こんにちは!」

と笑顔で元気に
あいさつからスタートします!

【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website

96.実はやって欲しくないことを促していた

コロナウイルスの影響は
まだまだ収束に向かうには
ほど遠いですね。。



緊急事態宣言の延長もあり



子供達の学校再開も先延ばしされ



自粛疲れもありました。



家の中では


「そんなことしちゃ
 ダメでしょ!?」


「そんな高いところ
 落ちるから登らないで!」


「梅干しなんて
 想像しちゃいけません!」


「牛乳こぼさないように
 運んで!」


これらは結構使ってしまう
フレーズではないですか?




お子様や生徒を指導している時、
この何気なく使ってしまうフレーズが
また同じ現象を引き起こしてる
可能性があるんです!




ここでも脳の素敵な仕組みが
存在しているんです。



脳は否定形を理解するために
否定された内容や行動を
イメージしてしまうんですね。


それから
それをやってはいけないんだ
と理解してしまうのです。



だから、

「梅干しなんんて
 想像してはいけません!」

と言われると


頭には酸っぱい梅干しが
鮮明にイメージされているんじゃないですか?


もっと言ったら
口の中に唾液が
たくさん出てきてしまって
いるのではないですか?



たとえば、

先生から

「遅刻するなよ!」

と言われたなら



返事は

「はい!」

とするが



脳内では
「遅刻」
のイメージが出来上がり
、学校に向かって全力疾走し、

「あぁ、また先生に怒られる。。。」

なんて想像しながら

走る自分の姿を

イメージしてしまうのです。



イメージの力は結構強烈で
実現しようと暗示にかかった
状態とも言われています。




では、どうすれば?



「そんなことしちゃ
 ダメでしょ!?」

   ↓

「〇〇(望む行動)を
 して欲しいな!」



「そんな高いところ
 落ちるから登らないで!」

   ↓

「危ないから
 降りてきて!」



「梅干しなんて
 想像しちゃいけません!」

   ↓

「〇〇(想像して欲しいもの)を
 想像して!」



「牛乳こぼさないように!」
 運んで!」
   ↓

「牛乳両手で持って
 運んで!」



などです。
他にも良い言い方があるはずです。
皆さんのアイディア待ってます!



意外と
やって欲しくないことを
注意していても
その行動を促している
こともあります。



普段の生活からできる
ちょこっとコーチングでした。