399.今でも忘れないよ・・・

こんにちは。

谷田部です。

4月から社会人になった子達がサッカースクールに遊びに来てくれました!

「あの試合は、今でも忘れないですね・・・」

彼らが小学3年生の頃、

初夏のセミが鳴き始めるころに西東京市内のグランドで
3年生のサッカー大会がありました。

相手は、同じ市内のチーム!

選手同士も知り合いが多く、

保護者同士も知り合いの多いチーム!

いわばライバルという関係でしょうか!?

僕は、そのチームに移籍して初めて受け持ったチームでした!

試合開始から相手の猛攻に防戦一方でした。

何とか前半を無失点に抑えて、ハーフタイム。

何を言ったか覚えていませんが・・・

僕は決めていたことがありました。

(この試合は、絶対に選手を批判しない!選手の背中を推し続ける!)

後半がスタートすると、、、

立て続けに2失点・・・

(おぉ・・・まじか!?)

でも、僕は決めていたことがあったので、
選手を後押しし続けました!

「大丈夫だ!まだまだ終わってないぞ!」

「ナイスプレーだ!顔をあげて次のプレーに切り替えるんだ!」

「素晴らしい!そのプレーがあったからシュートまでいけたぞ!」

そんな声かけの甲斐があったのか、2点リードで迎えた試合残り5分頃から
うちのチームにチャンスが舞い込んできました。

子供達もそのチャンスを活かすかのように、
1点を返し、終了2分前に同点・・・終了間際に逆転ゴール!

奇跡のような大逆転勝利をもぎ取ることができたのです。

僕は今でも「あの試合は僕の指導者人生でベストゲームだった!」と思っています!

さて、指導者の役割は、選手の可能性を信じ切るところからスタートします!

今、思うと、選手のことを批判しない!選手の背中を推し続ける!と決めて試合に臨んだことが
信じ切ることに繋がっていたのかなと感じています。

そうやって決めると・・・

選手のミスに繋がったプレーでも、

選手が本当はどうプレーしたかったのか!?が想像できます!

選手の意欲がわかります。

選手のプレーの意図が見えてきます。

それを汲み取ってくれたら・・・・

僕が選手だったら嬉しいだろうなと感じます。

たとえ何があっても・・・

どんなことがあっても・・・

選手の可能性を信じてきって選手の背中を推し続けることが、

まず第一歩です!

良い練習ができるとか・・・

良い結果が出せるとか・・・

選手に的確にアドバイスできるとか・・・

それらも大切な要素ではありますが、、、

まず選手の可能性を100%信じきり、どんな時でも選手と一緒にグランドに立ち続けることが指導者のあり方だと

そんなことを教えてくれた僕の貴重な経験でした。

そんな彼らも、もう社会人。

もう一度、初心に返って、指導者を始めたあの時を思い出してみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

398.今まで指導は恩返し

こんにちは。

谷田部です。

「最後に〇〇のゴールが見れて本当に良かった!!」

素晴らしい流れの中から生まれたゴール!

ネットに突き刺さった瞬間、自然とガッツポーズが生まれる!

数々のゴールの中でも印象に残るゴールになりました。

3月の末、6年生最後の試合がありました。

コロナ禍、緊急事態宣言が発令される中、
チームの活動は自粛されて
チームの活動はまともにできませんでした。

ちょっと状況が好転すると宣言が解除され
また状況が悪化すると宣言が出され、
子供達はそれに左右されてしまい
自分たちでコントロールできる部分は少なくなっていきました。

その中でも公園に集まり朝練をしたり、
できることを続けてきました!

そんな状況下での最終試合・・・

結果はついてきませんでしたが、
僕はとても成長を感じました!

年中さんから指導しているこの子供達!

一番成長を感じた点は、
自分の判断を基にプレーを選択できていたこと!

ギリギリのプレーでも自分で決断して

ピンチを凌いだり、

攻撃に参加したり、

ゲームを組み立てたり、

素晴らしい試合を見せてくれたと思います!

そんな姿は、何よりも嬉しいプレゼントでした!

さて、指導者は勘違いしてはいけません。

指導者は、選手達に技術や戦術、メンタルなどの知識やプレーを教えていますが、
それは大きな勘違いだと僕は思います。

指導者はもうすでに
子供達から与えてもらっているんです!

何を!?

チームに所属してくれること

指導する環境

指導者として伝えられること

子供達が練習にきてくれること

冗談を言い合えること

などなど

指導者はもうすでに子供達から与えられていたんです!

だからこそ、指導者は子供達に日々の指導で「恩返し」しているのです。

最近では、「恩送り」という言葉も聞くことができますが。

指導者がやってきたことは、子供達への恩返しなんです!

僕たち指導者は、数多くの選手や環境、物のおかげで生活することができています。

改めてそれに感謝の気持ちを向けて新たな時代に向かっていくことが大切です!

今まで本当にありがとう!

みんなのおかげで素晴らしい時を過ごすことができました!

みんなのこと一生忘れない!

追伸

\子供の成長を願うやさしいあなたへ/

タイムトラベルコーチング体験セッションのお知らせ

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website


【期間限定】5月13日(木)23:59まで

子供達の成長のために日々指導されるサッカーコーチ

お子様の成長のために愛情を注ぎ続けるお父さんお母さん

それぞれに共通している点が、、、

『子供の成長を願う!というやさしさ』です!

タイムトラベルコーチングの最大の目的は、

そんなやさしいあなたが

「あきらめずに続けてきて良かった!」

・・・と言えることです!

スポーツ指導にも悩みや落ち込むこと、日常生活の中にも不安や葛藤があります。

そして、自分の好きじゃないところを目の当たりにすることだってあります。

誰しもそんな経験があるんじゃないでしょうか?

そんなとき、あなたはどうして欲しいですか?

友人に話を聞いてもらったり、

家族の存在に助けてもらったり、

自分の可能性を信じられる人に出会ったり、

何かのサポートがあったら・・・あなたは、あなたらしくいられるのではないでしょうか!

僕は、そんなやさしいあなたのお話が聴きたい!

そして、

あなたを一番に信じるサポーターに!

あなたを勇気づける存在に!

あなたの前向きなエネルギーを与える存在に!

なりたいです!

あなたがこれまで歩んできた人生は、あなただから歩いて来れたのです!

嬉しかったことも、楽しかったことも、

辛かったことも、悲しかったことも、

激怒したことも、すべて・・・

あなたを『幸せ』にするために起きたエピソードです。

その経験から

『あなたが本当の自分、本当の思い』

を見つけられたらどうですか?

そのエピソードの中にあなたにしかない資源が隠れているのです。

それを一緒に対話を通して見つけていきませんか?

そして、あなたのやさしさを・・・

いつでも、どこでも、誰にでも

与え続けていきませんか?

あなたの内側から溢れ出る本当の思いを一緒に見つけていきませんか?

興味がある方は、ぜひ体験セッションにお申込みください!

【期間限定】5月13日(木)23:59まで

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website

397.空間の価値

こんにちは。

谷田部です。

昨年度で大人のフットサル教室(個人フットサル)の最後を無事に終えました。
(今年度からは担当から外れます)

この教室は、僕自身10年以上続けてきたもので
実際に終わってしまうと思うと、とても寂しく感じます・・・

今思うと、

強雨の時も、

強風の時も、

寒い時も、

暑い時も、

大人の方がフットサルをして

運動不足の解消をしたり、

まだまだうまくなりたいという方の練習の場だったり、

ストレス解消だったり、

個人個人のさまざまな目的に合っていたから、ここまで続けてこられたんだ。

来てくださった方々に本当に感謝しかありません!

だからこそ、
毎回毎回、開催することができたんだろうなと思います!

(7名以上の参加者がいないと開催がされないという条件があるのです)

本当に嬉しかったのが、

僕が担当するのが最後だと知った常連のお客様が

LINEでお客様同士に連絡してくださり、

最後に参加してくださったこと!

一人の方は

ヘルニアになってしまって、あまり動けないのにもかかわらず、

「コーチが最後だから来ました!」とおっしゃってくれたこと。

また、僕が担当を始めた頃から通ってくださった方は、

「コーチが楽しませようとやってくれた練習が本当に楽しかったです!」

とおっしゃってくれたこと!

フットサルを通して

それぞれの方達の日常になくてなならない習慣になっていたんだと改めて実感しました!

さて、どこでやるかも重要ですが、誰とやるかも重要な要素かもしれません。

僕がそこまでの存在かというと・・・そうではないですが、、、

これからの時代は、
スポーツ指導者が創り出す空間というものの価値が問われると思います。

人を変えたり、影響を及ぼすのは環境ですが、
それと同時に誰と一緒にやるかという部分は、とても重要視されてくると感じています。

その人が話す言葉、

その人と話をしたときの自分の気持ち、

その人がいる空間や創り出す雰囲気、

それらが価値になってくるのです。

いわばスターバックスのような空間に価値を求めるような感覚が、

スポーツ現場にも必要になってくると僕は思うのです。

強い・弱い、勝ち・負け、さまざまな要素はありますが、
それ以外の要素もスポーツ現場には必要になると思います。

あなたが今スポーツを指導するとき、どんな空間を創っていきたいですか?

追伸

\子供の成長を願うやさしいあなたへ/

タイムトラベルコーチング体験セッションのお知らせ

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website


【期間限定】5月13日(木)23:59まで

子供達の成長のために日々指導されるサッカーコーチ

お子様の成長のために愛情を注ぎ続けるお父さんお母さん

それぞれに共通している点が、、、

『子供の成長を願う!というやさしさ』です!

タイムトラベルコーチングの最大の目的は、

そんなやさしいあなたが

「あきらめずに続けてきて良かった!」

・・・と言えることです!

スポーツ指導にも悩みや落ち込むこと、日常生活の中にも不安や葛藤があります。

そして、自分の好きじゃないところを目の当たりにすることだってあります。

誰しもそんな経験があるんじゃないでしょうか?

そんなとき、あなたはどうして欲しいですか?

友人に話を聞いてもらったり、

家族の存在に助けてもらったり、

自分の可能性を信じられる人に出会ったり、

何かのサポートがあったら・・・あなたは、あなたらしくいられるのではないでしょうか!

僕は、そんなやさしいあなたのお話が聴きたい!

そして、

あなたを一番に信じるサポーターに!

あなたを勇気づける存在に!

あなたの前向きなエネルギーを与える存在に!

なりたいです!

あなたがこれまで歩んできた人生は、あなただから歩いて来れたのです!

嬉しかったことも、楽しかったことも、

辛かったことも、悲しかったことも、

激怒したことも、すべて・・・

あなたを『幸せ』にするために起きたエピソードです。

その経験から

『あなたが本当の自分、本当の思い』

を見つけられたらどうですか?

そのエピソードの中にあなたにしかない資源が隠れているのです。

それを一緒に対話を通して見つけていきませんか?

そして、あなたのやさしさを・・・

いつでも、どこでも、誰にでも

与え続けていきませんか?

あなたの内側から溢れ出る本当の思いを一緒に見つけていきませんか?

興味がある方は、ぜひ体験セッションにお申込みください!

【期間限定】5月13日(木)23:59まで

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

396.常にプレゼントを渡そう!

こんにちは。

谷田部です。

朝、2歳の娘が布団から起きて最初の一言が、

(驚かせようと思って)「ばぁ~!!」

次の一言が

「にゅうにゅう(牛乳)、ちょ~だい!」でした。

僕は早速、冷蔵庫を開けると・・・

牛乳がないことに気づきました・・・

マンションから徒歩1分にセブンイレブンがあるので、

牛乳と卵を、寝巻きのまま買いに行きました。

コンビニってすごく便利で牛乳と卵を買いに行ったのに・・・
他に必要なものも目に入ってきちゃうんですよね。。。

結局、妻が飲みたいと言っていた・・・

三ツ矢サイダーの新商品レモラ(レモン&ライム)も買って帰りました。

家に帰ると娘が待ちわびたように

「おかえり~、にゅうにゅう、ちょ~だい!」

と変わらずのテンションでお願いしてきました。

娘がいつも飲んでいるマグカップに牛乳を注ぎ、
椅子に座る娘のところに持っていくと・・・

・・・

・・・

・・・

「ありがとう!」

と満遍の笑顔で言ってくれたのです!

あれっ!?

なんだろ!?

「ありがとう」って、

こんなに嬉しかったかな・・・

いや、違う!違う!

娘がどんどん言葉を覚えていくことが嬉しいのもあるけど・・・

こんなに心を込めて「ありがとう」って言ってもらえたことあったかな・・・

そこに気づいたんですね!

普段、何気なく使っている言葉。

普段、意識せずに使っている言葉。

「ありがとう」は、普通に生活をしていれば何度も使う言葉です。

でも、そこにどれだけ心を込めて言っていたか、
その点は意識の中からは消えていました。

僕は、サッカー指導者として、どれだけ自分の使う言葉に心を込めていたか!?

すごく考えさせられました!

自分の感情のままに・・・

使いたい言葉だけを使ってた・・・

自分の言葉で相手がどうなるのか!?
そんなこと考えているようで、実際には考えていなかったんじゃないか・・・

さて、指導者は選手にどんな影響を及ぼすことができるのか?

それは、2つあります。

一つは、意識変容、

もう一つは、行動変容です。

意識変容とは、考え方や思い込みを変えることで、新たな視点持たせたり、気持ちを軽くすること。

行動変容とは、今までのアクションから新たなアクションを起こすこと、今までのアクションの数を増やすこと。

だからこそ、
指導者の使う言葉や伝え方は、選手へのプレゼントと言っても過言ではありません。

朝から娘に意識変容を起こしてもらったのです!

娘との日常から学びが絶えません、最高の一日を過ごせそうです。

みなさんも良い一日をお過ごしくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

395.敬意の循環!

こんにちは。

谷田部です。

先日、サッカースクールに体験レッスンに来てくれたお子さんがいました。

初めての場所で、

初めての人と、

サッカーをするって・・・

子供たちにとっては、なかなかハードルは高いと思っています。

うちのスクールでは、
少しお子さんと保護者の方とお話してからコートに入ってもらいます。

レッスンにお越しになった理由やどんなことを期待しているのか雑談の中でお聞きします。

そこで僕が注意していることは、
普段、保護者の方がお子さんをどのように呼んでいるのかをチェックしています。

優しい感じなのか!?

トーンはどんな感じか!?

そんなことを注意してレッスン中にも同じような言い方を真似て呼んでいます。

はたから見たら、あまり大したことではないと思いますが、

呼ばれる名前くらいは普段と同じような状況を作ってあげることが
体験レッスンに来ていただいた側ができる最低限のおもてなしだと考えるからです!

さて、敬意を持って仕事することで、敬意は循環していきます。

敬意を持つということは、

『相手の立場に立って考える』ことです。

相手になり切れるかどうかです。

その立場に立てることで、

どんなことを考えているのか!?

どんな気持ちなのか!?

どんな不安がありそうなのか!?

そんなことを想像できます。

そうすると相手に対して、かける言葉が決まってきます。

たとえそれが、相手の気持ちに合っていなかったとしても、

受け取った側は、
自分のことを考えてくれているのかもしれない・・・と思ってくれるはずです。

一緒に何か行動していくのであれば、
心と心で繋がりながら行動すると生産性は一気に上がります!

僕はまず、相手の名前を普段呼ばれている状態で呼んであげることが、
敬意の循環のスタートだと思うのです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

394.失敗は笑い飛ばして!

こんにちは。

谷田部です。

もし、こんなドラマがあったらあなたは視聴しますか?

お金持ちの家に生まれたイケメン少年。

幼少から何不自由なく生活ができ、

頭も良くて、ケンカも強くて、スポーツ万能で、人間的にも素晴らしくて、

いつも周りには老若男女人が集まり、

いつも応援されていて、

そんな少年の前にある美女が現れて、

恋に落ち、二人の愛は深く深く誰にも邪魔されることなく、

結婚して、子供にも恵まれて、幸せな家庭を築くのでした!

おしまい・・・

ある意味、嫌み!笑

何の自慢がしたいの!笑

そんなんつまらん!笑

そうですよね!
うまくいきすぎて共感できないですよね!

でも、そんなうまくいくことばかりを考えている僕がいるんです・・・

さて、失敗があるからこそ、楽しいのです!

僕は2月にスポーツコミュニケーション1Dayセミナーを企画しました。

この内容なら絶対に聞きたい人がいるはずだ!

オレにこんなに響いた内容なんだから、
少なくとも10人くらいは参加してくれる人がいるだろう!

そんな期待をこめて、セミナー日程を4日設けました。

そして、セミナーの案内を開始!
メルマガ、Facebook、ブログ、さまざまなSNSを駆使して発信。

さあ、どのくらいの人が参加してくれたでしょうか?

・・・

・・・

1人です。。。

毎日のメルマガ、ブログなどで案内を続けてきましたが、
参加は、たったの1人・・・

でも、セミナーは開催しました!

1人に対してでも、真剣に伝えました!!!

でも・・・

めっちゃ悔しかったですね・・・

オレって影響力ないやん・・・(謎の関西弁)

今までの発信意味なかったのか・・・

そんな気持ちでした。

だからこそ、
次はもっと良いもの創ってやるぜ!

参加しない人が後悔するものにしてやる!

もっと認知と集客力を上げるぞ!

「この失敗があったからこそ、今の自分があるんだ!」

って言っている自分がはっきりとイメージできています。

つまり、

失敗があるから、成長するし!

失敗があるから、どうしたらうまくいくか考えるし!

失敗があるから、うまくいかせる過程がすごく楽しい!

そう思えるんです!

誰も失敗したくないし、

失敗を指摘されたくないし、

気持ちが落ち込むのは嫌だと思います。

でも、失敗があることで自分がさらに成長できることは確実なんです!

イメージしていたものよりも良いものが出来あがるんです!

そう考えたら、失敗は笑い飛ばしてしまおう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

393.警察官が守っているものは!?

こんにちは。

谷田部です。

大人になると他者からの注意になかなか素直になれません。

近所のスタバに車を走らせているときのことです。

後ろの席には、妻と娘も乗っていました。

普段使い慣れた道でも油断禁物だということを経験しました。

普段であれば信号が2つあることは分かっていた。

でも、その日は奥の信号の色しか目に入らずに・・・

手前側の信号が赤だということを見落として車を走らせてしまいました。

明らかな信号無視・・・

交差点を右折してほどなく・・・

サイレンの音とともに白バイ警察の方が

「白のNboxの運転手さん、車を止めてください」

(あ~やってしまった~)

「手間の信号見えなかったですか~

 全然止まる気配がなかったので、見えていなかったのかなと思って」

(あ~見えてなかった~)

(なんでこんなとこに張り込んでんだろう)

(見えないところで見てるってすごい反則な気がするけど)

(ノルマを達成しないといけないからなんだろ!)

そんな黒い感情を巡らせながら、、、

無事にその白バイ警察の方から注意を受け、
その後スタバに到着し無事に目的をはたしました。

その後の運転は、楽しいはずのお出かけが気分が重いものになってしまうのでした。

さて、
他人からの注意は、素直に受け入れることができるとのちの自分を助けることになります。

もし、僕が信号無視してしまったことを注意されなかったら・・・

もし、その場に警察官がいなくてやり過ごせていたとしたら・・・

あとあと大きな事故を起こしていたかもしれません。

妻と子供が乗っていたとしたら2人の命を危険に晒すことになってしまいます。

それは僕にとっては一番起きて欲しくないことです。

また、僕が死んでしまったら妻と子供に大変な思いをさせてしまうことになります。

僕はその場では、素直に受け入れることができなかったですが・・・

あとあとよく考えてみたら、
警察官の方達は、大きなことが起きる前に未然に僕たちに注意喚起を促してくれているのです。

僕たちは、もっとひどいことが起こる前に気づくことができているのです。

そうやって考えてみると、
警察官の方達は、僕たちの未来の安心安全を守ってくれている大切な存在だと思うのです。

警察なんて誰も守ってくれないじゃないか、、、

そういう人もいますが、

小さいつまずきのうちに気づかせてもらえるのであれば・・・
それはとてもラッキーなことです。

注意は、誰もされたくないものです。

でも、その注意をする人もしたくてしているわけではないかもしれません。

あなたの未来に起こるもっとひどい状況を未然に防いでくれているのかもしれないです。

今に感情を向けすぎるとその人は疎ましい存在かもしれない・・・

でも、未来を救ってくれていると思ったらどうですか?

すぐにできなくてもいいです。

すぐに分かろうとしなくてもいいです。

その注意は、あなたのどんな未来を救ってくれていますか?

そんな視点を持つと軽やかに注意も受け入れることができそうじゃないですか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

392.炊き込みご飯でスタートダッシュ!

こんにちは。

谷田部です。

昨晩の晩ごはんに例のやつが出てきたんです。

僕のテンションが上がり、

娘もモリモリ食べる例のやつ、

そうです!

『炊き込みご飯』です!

炊飯器の蓋を開けた時に・・・

ふわぁ~と香る出汁の匂い!

しゃもじでご飯を馴染ませた時に見える底のおこげ!

こうやって文章にするだけでも口内には唾液が溜まっています笑

炊き込みご飯には、人参・たけのこ・鶏肉・ごぼう・きのこが入り、
これだけで、もうおかずはいらないくらいです!

さて、
たけのこって土から頭を覗かせた時に
すぐ収穫しなければいけないって知ってましたか?

柔らかく、美味しいたけのこを食べるには、そのタイミングが必須らしいですよ!
(それ以降は硬くなりすぎておいしくない・・・)

通常、樹木が20m級に成長するには、30~40年かかるのに対し、
竹の成長は、2~3ヶ月でその高さに達します。

竹は、高く伸びるために「節」を持ち、強風が吹いても簡単には折れません。

節があるからこそ、頑丈で、しなやかで、多少の嵐でも耐えることができるのです。

スポーツ指導者のみならず全ての人に
用意周到・準備万端というフレーズは大切な要素です。

人は毎日毎日の繰り返しの中で学びます。

そうやって一日一日を積み重ねていくことで、竹のごとく成長できます。

毎日の積み重ねが、竹の「節」のようになり、自己成長させるのです。

そうすることで、

厳しい試合に勝つことができたり、

遥か先の目標を達成したり、

仲間と喜びを分かち合えたり、

どんな困難にも折れることなく立ち向かう姿勢が、

人間としての器を大きくするのです!

そのためには目的意識をはっきりさせることです。

具体的にいうと、

なぜ必要なのか?

何をするのか?

それはどうやってやるのか?

今すぐできることは何か?

こんな問いを自分の中で巡らせていくことが、

用意周到、準備万端につながり、破竹の勢いで仕事に邁進できます。

なぜからの質問サイクルでスタートダッシュに繋げていきましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

391.感謝

こんにちは。

谷田部です。

いつも頑張っているあなたへ

いつもあなたのおかげで自分らしくいられます。

あなたがいるから、自分の仕事に集中できます。

あまり言葉にできていないけど・・・

本当に感謝しています!

うまくいかないことがあったとき

あなたの笑顔に助けられて

あなたの考え方に救われて

あなたの存在は、僕には欠かせない存在。

いてくれるだけでいいんです。

日々、ありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

390.苦手意識の解釈・・・

こんにちは。

谷田部です。

誰だって苦手な人っていますよね・・・

僕にとって苦手な人は、
サッカーコーチとして働き始めた頃に出会った
僕よりも、経験も、スキルも、知識も、全てにおいて遥か遠い先をいく方でした。

その人から言われていた言葉は・・・

「お前は本当に使えねぇな!」

「お前は本当に気が利かねぇな!」

当時の僕は、その人の言うことについていくことで精一杯でした。

その人に会う日が近づいてくると、

緊張感が増して、

呼吸が浅くなって、

心も重くなりました。

その当時を振り返ると、
毎回の仕事の時間があっという間に過ぎ、
全てが学びのように思えます。

僕はそんな状況の中で、どんなことを学んだのか!?

それは、
サッカーコーチという仕事の厳しさ、

毎回の仕事に対する姿勢、

選手・スタッフに対する配慮・気配り、

それらが今の僕に活きています。

さて、苦手意識は、自分のできていないところと向き合う、絶好のチャンスかもしれません。

当時の苦手な人を避けたいと思う気持ちは絶対にあったと思います。

でも、
好きなことで食べていくとは、簡単じゃないんだ。

好きなことだからこそ、こだわりを持って仕事するんだ。

選手・スタッフを大切に思いやる気持ちを持つんだ。

仕事を始めたばかりの僕に、とても大切なことを教えてくれていたんです。

苦手意識は、自分のできていないところと向き合う、絶好のチャンスかもしれません。

表面的な言葉の解釈だけでなく、

その人の伝えたい本当の想いや本質。

その人の行動や態度。

そうやって振り返ると、その苦手だった人は、僕の成長しか考えていない応援者だったかもしれないですね。

苦手意識は、自分のできていないところと向き合う、絶好のチャンスかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー