479.100円ショップの感動体験

こんにちは。

谷田部です。

家の近くの100円ショップでのこと…

DVDケースを買いに立ち寄り、

お会計を済ませお釣りをもらおうとしたとき

店員さんが…

「キャンペーンシールは、お集めですか?」

ちょっと戸惑った僕は…「集めてないです…」

僕がそう言うとレシートとお釣りを渡し

「ありがとうございました!(深礼)またお越しくださいませ~」と笑顔で見送ってくださいました!

僕は心の中で (そう!それを聞いて欲しかったんだよ~) と感動の嵐でした!

はっ!何が!?って思われた方もいると思いますが…

実は、僕はいつもレシートとお釣りと一緒にもらう100円ショップのキャンペーンシールが要らなかったんです。

後ろに並んでいる人もいるし、

店員さんの好意で渡してくれているのに…

結局家に帰るとゴミ箱に行ってしまうのに…

「それいいです!」と言うことができなかったんです…

(めっちゃ小心者です笑)

でも、今回それを店員さんの好意によって「それいいです!」を言わずにキャンペーンシールを無駄にせずに済んだのです。

(そう!それを聞いて欲しかったんだよ~)

さて、僕の声にならない声に耳を傾けてくれた店員さんの対応に僕は感動を覚えました。

ここからは憶測ですが…

グレーの短パンにTシャツ、ビーチサンダルという超ラフな格好の僕が

キャンペーンシールを集めて台紙に貼っているイメージがその店員さんの中では湧かなかったのでしょう!

だからこそ、「キャンペーンシールは、お集めですか?」と訊くことで

もし、集めていれば…渡すことができて一件落着だし!

集めていなければ、お客様の余計な手間を省くことができて一件落着!

そのどちらでもお客様に嫌な思いをさせない対応だったなぁと感心させられっぱなしでした。

その一言を訊くことで、お客様に嫌な思いをさせるどころか、

感動までさせてしまうその店員さんの人柄や対応に心から感服しました。

きっと…日々の接客でもそういったところを見逃さずに、

お客様一人一人に合わせて対応していらっしゃるんだろうなって感じました。

それってスポーツ指導者の日々の取り組みの中でも必要なことじゃないかな。

選手と付き合う時間が長くなればなるほど…言わなくても分かるだろうという暗黙の了解のような雰囲気が漂います。

また、選手と指導者は主従関係になりやすく、選手は本音を言えません。

たとえば、足に違和感があったとしても…なかなか本音を言えません。

指導者に「足は大丈夫か?」と聞かれれば、「大丈夫です!(条件反射的に出てくる言葉)」と答えてしまうのです。

でも、そんな時に表情や態度や声のトーンなど声にならない声に気づいてあげることができたら…

選手はきっと救われた気持ちになるんじゃないでしょうか?

この人(指導者)は、分かってくれてる!

この人なら話してみてもいいかも!

信頼関係をより強固にするために、

声にならない声に気づくことが重要だし、

それが『信用』につながるのだと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

478.信用こそ財産

こんにちは。

谷田部です。

妻が出産を控えて一週間入院生活をしていました。

その間、僕の母親が代行で泊まり込みで手伝いに来てくれました。

僕は15歳で家を出て、高校の寮で親元を離れて生活しそれから東京で一人暮らしを経て現在に至るため、母親と寝食を共にする生活に違和感がありました。

僕が実家に帰省すると違い、

僕たち家族の生活スペースで母親と生活することが

すごく違和感でした。

(決して母親が嫌いとか、嫌だということではないことをご理解ください)

共同生活を迎えた4日目当たり…

長女の保育園のお迎えをお願いしたところ…

長女は母親と一緒に家に帰ってくることができませんでした。

(保育園の先生が協力して家まで一緒についてきてくれたのです)

話を聞いただけですが…

保育園の横の通りに座り込み、

「意地でも動かないぞ!」と言わんばかりに泣いて泣いて…

手がつけられなかったそうです…

(この時は本当に母親に申し訳ないと思いました)

僕が家に帰ってくると…

僕のそばから離れず、僕の行く先をついて歩いてくるように…

きっと妻がこんなに長く家にいない状況が初めてだったので、すごく不安だったし、寂しかったんだと思います。

さて、『信用』って一つの財産だなって思います。

財産というと、お金や家、不動産など金銭価値のあるものと捉えらると思いますが、

『信用』だったり、

『人脈』だったり、

『技術』だったり、

『キャラクター』も、

形はない、目に見えないものですが、財産と言えると思います。

『信用』ってスポーツの中でも、とても重要なものです。

なぜなら、簡単に得られるものではないからです!

今日明日どうにかして、明後日には信用がたまることはないのです…

練習時間を守る、普段口にする言葉と行動を合わせるなど、信用は人と人との約束の積み重ねでたまっていきます!

それは、選手の成長~チームの成長~個人・チームの成果と…そのチームの価値を高めてくれる財産になるのです。

でも、一度でも約束を違えると…今までためた信用は一瞬にして崩れ去ります。

そして、それを再構築するには、最初の2~3倍の時間や労力が必要です。

今こそ、目に見えない財産に意識を向けてみませんか?

あなたが人としての価値を高めることで『信用』という財産はどんどんたまっていきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

477.サガリバナって知ってる!?

こんにちは。

谷田部です。

一夜限り咲く花をご存知ですか?

サガリバナっていう花です。

その名の通り、枝から垂れ下がった花で奄美地方や沖縄地方で見ることができます。

花が一夜しか咲かないことから「幻の花」とも呼ばれるそうです!
サガリバナの見頃は、梅雨明けの初夏、日が落ちるころに咲き、夜明けごろにはほとんどが散ってしまう儚い花です。

夏の花火大会のように一瞬で消え去ってしまうようなサガリバナの花言葉は、「幸福が訪れる」

一夜限定だからこそ貴重だし、その瞬間の美しさや儚さが見る人の心を打つのでしょう!

さて、先延ばしにする癖ありませんか?

僕はめちゃくちゃあります。!

相当な面倒くさがりで…仕事でもちょっと「難しいな…できるかな…」思ったことは、ほとんど先延ばししてました、、、

明日やればいい…

明日連絡すればいい…

明日会えばいいや…

それを許し始めるとどんどん先延ばしループにはまっていきます笑

僕は先延ばしループにハマらないように注意していることが…

「それをやることの何がいいの?」って質問を自分に投げかけています。

たとえば、
ある講座の中で宿題が出されたときに…

人の評価を気にしちゃう僕は、正しい解答を探して…なかなか行動できないときがあるんです、、、

また明日でいいや~

今日は考えたからいいや~

でも、そんなときに「それをやることの何がいいの?」って自分に問いかけてみたときに…

「やってみたら気づきがある!」

気づきって自分の中にあって忘れていたことなんです。

忘れていたことを思い出せると、そのときの感情も蘇ってきて気持ちがそのときに戻ったりすることがあります。

そんな感覚が病みつきになり、僕はその質問を自分に投げかけるようにしています。

僕たちの人生はサガリバナのように一瞬ではありませんが、
そうであるからこそ、先延ばししてしまうこともあるかもしれません…

その瞬間、瞬間で起こること、訪れることは…

もしかするとベストタイミングかもしれません!

つまりチャンスです!

そのチャンスを活かすか、無駄にするかは、あなた次第です!

それをやることの何がいいの?

今日のあなたは、どんな花を咲かせるのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

476.今季初公式戦を終えて

こんにちは。

谷田部です。

小学生のサッカークラブでのお話。

今季初の6年生の公式戦がありました。

コロナ禍、緊急事態宣言の発令などで
延期に延期を重ね、やっと初戦を迎えることができました。

しかも、気温が30度を越える猛暑日…

子供達は、本当に楽しみにしていたようで、
試合会場に集合しただけで楽しそうでした!

その日は、2試合を予定していて、
かなり厳しい状況でしたが、
みんなの頑張りの甲斐あって2戦2勝で終えることができました。

ふと感じたことがあって…

僕たち指導者は、いつも選手たちをベンチからしか見ることができません。

2試合目の終了のホイッスルが聞こえた瞬間…

コートの中の選手たちは、すごく疲れた表情の中に勝った安堵感を見せ、

ベンチでは「やったー!!!」と選手が全員ハイタッチやガッツポーズ!

当たり前の光景といえば、そうなんですが…

「勝つ」ことって当たり前じゃないな、、、

「試合ができる」って当たり前じゃないな、、、

毎年毎年、同じような時期に公式戦があって

いつの間にか試合ができることに慣れて、

それが当たり前になっていきました。

そうなると…これは仕方ないことかもしれませんが…

勝つことに対する満足感

良いプレーができたときの喜び

勝利の瞬間のチームの歓喜

など…は薄れていきます。

それらができないときを経験しているからこそ…

今回は選手も僕たち指導者も喜びは一入でした!

試合自体が全く別なものに変わったわけではありません。

ルールが面白いものに変わったわけでもありません。

変わったのは、試合やルールではなく、僕たちの捉え方(解釈ともいえます)です。

僕たちは生きる中で、思い込みで人や物事を判断してしまうことがほとんどです!

チームの勝利をチーム全員で共有できること!

サッカーの試合ができることって本当は素晴らしいこと!

思い込みの力はプラスにもマイナスにも両面で働きます!

どうせなら…プラスの方に思い込みを使ってみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

475.いつでも、どこでも学べる

こんにちは。

谷田部です。

細田守監督の作品「バケモノの子」

すごく好きな作品の一つです!

弟子をとって宗師になりたい『熊徹』

お母さんを亡くしてしまった『九太』との出会い

この獣と人間の師弟関係にすごく魅力を感じます。

渋天街という街で力は強いが粗暴が悪く弟子が一人もいないバケモノ。

9歳の九太は、母を亡くし帰る家がない子供。

共通点は、ひとりぼっち…

そんな二人の成長が、とてもこれからのスポーツ指導のあり方に大切なんじゃないかと感じました。

稽古の際に9歳の九太に熊徹が…

「心の中の剣が大切なんだ!お前にもあるだろ!」と言いましたが…

「なんだそれ!そんなのあるわけないだろ!」と九太は聞く耳を持ちませんでした笑

僕は、信念や覚悟みたいなものじゃないかなと思ったのですが、

なかなかその表現では、9歳の子供に伝わらないかぁ…

『だったら、どうしたら伝わるんだろう』って考えました。

答えは、たくさんあると思います!

でも、ここではその答えが大切じゃなくて…

こうやって普段の生活の中で

見たもの、

聞いたもの、

感じたものから

それをどうやって活かせるのかを考えることが大切なんじゃないかって思うんです。

学ぶ気持ちがあれば、身の回りのすべてが教材になります。

【いつでもどこでも学べる】

知れば知るほど興味は尽きない!

知るは、世界が広がる!

あなたは今最も何を知りたいですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

474.母親の聴き力

こんにちは。

谷田部です。

私ごとでありますが、次女が生まれました!

この状況なので立ち会いができず、
妻には本当に感謝の言葉しかありません!

新しい生命の誕生にすごく興奮し、
家族が増えたことで父としてのやる気を引き出されています!

妻と次女は一週間入院をして、無事に退院しました。

それまで長女と僕と僕の母親が共同生活をすることになったのですが…
今までとは全く違った違和感満載の生活になったのでした笑

長女に顕著に現れたのは、僕の後ろをついて歩いてくることが多かったです。

「パパ~、パパ~」って僕の行くところについてきて、

「ここ痛いの~」

「抱っこしてよ~」

「遊びたい~」

ママがいないことがすごく不安だったのでしょ~

僕の母親はあまり会う機会がなかったこともあり、心を完全に開くまではまだまだ時間がかかりそうです汗

そんな生活の中でコミュニケーションの気づきがあったんです。
誰でも無意識にやっていることかもしれませんが…

母親から
「麦茶にする、コーヒーがいい?」と朝食の時に聞かれたとき…

僕は何も考えずに…
「麦茶でいい」

「麦茶でいい」と「麦茶がいい」たった一文字「で」と「が」の違いですが、
印象が全然違っちゃいます、、、

結局、また母親から「(本当は)どっちがいいの?」って聞かれることで…
「コーヒーがいい!」とお願いしたのです。

つまり、母親は僕の「麦茶でいい」を本当に欲しいものじゃないって無意識的かもしれませんが…分かっていたのです。

改めて、母親の聴き力「すげ~」って感心しちゃいました!

でも、それが友人の家にお邪魔した時だったら…

好意で聞いてくれている相手に対して

「麦茶でいいです」と答えたら…

「他のものが良かったかな~」

「本当は何が良かったのかな~」

「希望に添えることができなくて申し訳ないな~」

そんな気持ちにさせてしまうかもしれません。

せっかくのおもてなしの気持ちを残念なものにしてしまうかもしれません…

だからこそ、普段何気なく使っている言葉に意識を向けてみませんか?

そうすることで、相手がどのように言われたら嬉しいのか考えるきっかけになります。

つまり、普段の会話が相手へのプレゼントになるのです!

まずは、家庭や職場など身近なところから始めてみませんか?

完璧にやろうとしなくていいですよ。
気づいたところから徐々にプレゼントしていきましょう!

普段の生活を彩る素敵なコミュニケーションのスタートです!

今日も素敵な一日をお過ごしください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

473.守に立ち返る!

こんにちは。

谷田部です。

僕が28歳を前にした頃…

ある小学生チームの6年生を担当していました。

全国大会につながる東京都大会の予備予選を戦っていた時

相手は同じ市内のチーム、お互いのことはよく分かっている同士のチーム。

試合は、公式戦という独特の雰囲気の中、自分たちのペースで試合をさせてもらえない状況でした。

いつもの戦い方を変えてくる相手に対して、僕はいつもの戦い方しか策を見出せず…

チームを敗戦に導いてしまいました。

その後、チームの監督から強制的に

「このチームは今後、俺が担当するから!」と担当交代を言い渡され…

なんとか食い下がりましたが…決定は覆らず担当交代になりました。

その当時は、その監督が言っていたことが1ミリも理解できなかったと思います。

どうせ、俺が気に入らないからだろ!

自分のやり方じゃなきゃ納得できないからだろ!

そんな気持ちでいました。

しかし、その後そのチームにアシスタントという立場で関わり続けると…

各選手一人一人の見え方が変わってきました。

監督という立場で選手を見ることとアシスタントの立場では選手の見方や見え方が変わってくることに気づいたのです。

あの選手、こんなプレーができるようになっているな!

あの選手、パスを本当に丁寧に出していたんだな!

あの選手、このポジションの方が活きるな!

そうやって立場で見え方が変わることを学んだ僕は、アシスタントで自分にできることを精一杯やることに努めました。

すると…卒業する頃には素晴らしい試合をするチームに変貌していたのでした。

さて、守破離という言葉をご存知でしょうか?

それは、人の成長段階を表し、武道などで用いられた言葉です。

『守』は、基本

『破』は、応用

『離』は、独自性

その当時、僕はこの言葉を知りませんでした…

当時の監督が知っていたかも分かりませんが…

結果として、僕は基本に立ち返り、もう一度コーチの在り方に触れる機会をいただいたのでした。

そうすることで、立場によって選手の見え方が変わってくるという気づきを得て、今のサッカー指導に活かしているのです。

活躍している人…

尊敬できる人…

結果を残している人って…

すごくキラキラ輝いて見えます!

でも、最初からそうだったかというと違うのは分かりますよね。

そんな人たちにもきっと下積み時代や苦しい時代があったはずです。

そんな中でも、先人や先輩達の行動や教えを『守』の実践をされたからこそ成功があると思うんです!

もしあなたが何か迷っているときであれば…

もしあなたが方向性を見失っているのであれば…

一度、『守』に立ち返って見ませんか!?

その経験は、あなたにとってきっと意味のある決断だと信じています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

472.ロバと老夫婦の話

こんにちは。

谷田部です。

先日、小学4年生の公式戦がありました。

緊急事態宣言下で延びに延びた試合が実現しました。

(そして、またの緊急事態宣言…)

僕たちのチームは4年生が4人…
8人制の試合には人数が足らないため3年生のサポートが必要。

今までもそんなことがあったのですが…
今回は特別で…

直前に7人いた4年生が4人になってしまい、
3年生といつも練習をしていたわけではない状況下で公式戦を迎えることに…

会場への移動の車中で、担当のコーチと試合について話しました。

「僕(担当コーチ)は、このシステムで、こういう戦略でいこうと思います!」

とその日の戦い方を伝えてくれました!

結果は、2試合あって2敗でしたが…
そのコーチが言っていたことを体現した選手たちがそこにはいました!

しかも、子供たち自身が自信をつけて!

負けたけど…可能性を感じさせてくれる素敵な時間でした!

さて、ロバと老夫婦のお話はご存知でしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロバを連れながら、夫婦二人が一緒に歩いていると、こう言われます。

「ロバがいるのに乗らないのか?」と。

また、ご主人がロバに乗って、奥様が歩いていると、こう言われるそうです。

「威張った旦那だ」

奥様がロバに乗って、ご主人が歩いていると、こう言われるそうです。

「あの旦那さんは奥さんに頭が上がらない」

夫婦揃ってロバに乗っていると、こう言われるそうです。

「ロバがかわいそうだ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは何をやっても批判はある…ということを意味すると僕は思います!

サッカーの試合の采配には、確実な正解はありません。

(正解に近しい正解はあるかもですが)

勝ったやり方が正解であれば…今回は不正解になるかもしれないし

育成を考えたやり方が正解であれば…今回は正解だったかもしれないし

つまり、全員の同意は取れないからこそ…

決断して動くこと!

そして、さらに決断しながら進むこと!

が大切だと僕は感じたのです!

担当コーチはきっと、4年生数名がチームをやめてしまって公式戦までの間に数々の悩みがあったことでしょう…

それでも自身で「こうします!」と決断したからこそ、子供達はやることを明確にできたのです。

正解を求めすぎることは、誰にでもいい顔しようとすること。

でも、正解がないものに正解を求めようとするとすごく辛くなります!

だから、「こうする!」と決断する勇気を持つことが大切だと思います!

あなたは今日、どんなことに取り組みますか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

471.娘とばあばと僕と違和感

こんにちは。

谷田部です。

人が成長するきっかけの一つに『非日常に触れる』ことがあります。

7月3日次女が生まれました。

そに日は、気持ちが落ち着かない時間を過ごしていました。

前日に妻は病院に入院したので、僕の実家の母親がサポートで来てくれています。

コロナの影響もあり、なかなか娘に会う機会を作ることができなかったので、
娘は慣れてくれるか、母親はうまく対応できるのか、不安がありましたが…

…全く問題ありませんでした。

というより…

いつも家にいないばあばが家にいることで、

夕飯の時は生姜焼きを一口食べると家の中を走り回り…
いつもより食べない…

寝るときは隣の部屋で寝ているばあばの存在が気になり、部屋を行ったり来たり、
寝る時間はいつもより遅くなり…

テンションが上がりすぎて、いつもと違った空間に変わっていました。

母親も孫との触れ合いが本当に楽しいのか、
娘の無理難題にもできる範囲で応えようとしてくれていて、
とても楽しんでいる様子でした。

さて、非日常に触れることで人は成長します。

非日常なので、日常では感じることのできない経験をさせてもらっています。

僕が仕事でいない間、妻がやってくれていたことを僕が担当してみて…

「今までやったつもりになっていたなぁ」って感じたり、、、

実際にやってみると「こんなに難しかったんかぁ」って感じたり、、、

「もう無理~」と全くお手上げのこと、、、

本当に大変だな・・・

それが率直な感想でした…

むしろ…成長させてもらっていたのは、僕自身だったように感じました!

非日常経験なので、違和感がたくさん…気持ちが落ち着きません。

つまり、成長には違和感がつきもの!

その違和感を受け入れて実践していく過程…それが当たり前に変わっていく!

それが成長の正体だったんです!

妻が出産し、退院するまでの約6日間は、僕にとっての成長(違和感)の時間です。

もし、あなたが違和感を感じるような場面に遭遇しているなら、

一緒に受け入れてみませんか!?

違和感を感じて、それを受け入れた先に成長が待っています!

違和感が嫌なものだと遠避けるのではなく、まず感じてみませんか?

その中に成長の種があるかもしれないですよ~

今日も良い一日になりますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

470.折り返し地点

こんにちは。

谷田部です。

2021年7月2日は、元旦の日1月1日から数えて…183日目になります。

ちょうど一年の真ん中の日です。

2021年を迎えてから、どんな時間を過ごされましたか!?

少しお時間あったら…振り返ってみませんか?

1、10点満点でいったらどのくらい満足できた?満たせた?

2:よかったことは?(その点数の内訳は?)

3:思うようにいかなかったこと、気がかりなことは?(足りていない部分は?)

4:このままいったらどうなる?

5:本当はどうなったらいい?(もしくはさらにと?うなったらいい?)

6:そのためにどうする?(何を大切にする?取り組む?やめる?)

7:ここまで書いてみて、改めて、あなたにとって大切なことは?(あなたらしさって?)

どうですか~

振り返ってみると…

意外に自分って頑張ってきたんじゃないかな~

もっとできたはずだな~

これからもっと加速するぞ~

様々な思いがあると思いますが…

適度にこうやって振り返りの時間を設けるって大切だと思います。

これからどんなあなたになっていくのでしょうか?

これからどんなチャレンジをしていきたいでしょうか?

すごく楽しみにしています!

一緒に頑張りましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー