383.あなたを応援させてくれませんか!?

こんにちは。

谷田部です。

2017年、桐生祥秀(日本生命)が日本人初の9秒台となる9秒98で走った。

同年6月にはサニブラウンが9秒97と0.01秒更新!

日本男子100mの歴史は、2017年動いた!

それまで17年の月日がかかったが、

「日本人で9秒台は無理だ」と言われていたことを覆した。

さて、「できない」が「できる」に変わる瞬間に壁を越えるのです。

今まで無理とされていたことを、

たった一人がその壁を越えることで、

後に続く人が続々と現れるんです!

桐生選手が9秒台を出すことで

他の選手も「オレにもできる!」と思い練習に励みます。

さらにそれを上回る選手が現れることでしょう!

そうやって人類は成長してきました。

二足歩行ができたことも!

空を飛ぶことも!

快適に生活することも!

あなたが夢を叶えることも!

きっとできると信じたらできます!!!

でも、どうやって??
そう思われた方も多いでしょう!

だから僕がいるのです!
あなたの夢を応援させてくれませんか?

コーチングという効果的コミュニケーションを使うことで、
あなたのできるはさらに加速します!

さらに明確になります!

できるイメージがわけば行動しやすくなります!

あなたの可能性を信じてみませんか?

追伸

\人の役に立ちたいやさしいあなたへ/

タイムトラベルコーチング体験セッションのお知らせ

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website


【期間限定】4月26日(月)23:59まで

子供達の成長のために日々指導される指導者の方

お子様の成長のために愛情を注ぎ続ける保護者の方

それぞれに共通している点が、、、

『人の成長にかかわりたい・人の役に立ちたいというやさしさ』です!

タイムトラベルコーチングの最大の目的は、

そんなやさしいあなたが

「ここまで続けてきて本当によかった!」

・・・と言えることです!

スポーツ指導をしていると悩みや落ち込むこともあります。

日常生活の営みの中にも悩みや落ち込むことがあります。

そして、自分の好きじゃないところを目の当たりにすることだってあります。

誰しもそんな経験があるんじゃないでしょうか?

そんなとき、あなたはどうして欲しいですか?

友人に話を聞いてもらったり、

家族の存在に助けてもらったり、

自分の可能性を信じられる人に出会ったり、

何かのサポートがあったら・・・あなたは、あなたらしくいられるのではないでしょうか!

僕は、そんなやさしいあなたのお話を聴きたい!

そして、

あなたを一番に信じるサポーターに!

あなたを勇気づける存在に!

あなたの前向きなエネルギーを与える存在に!

なりたいのです!

あなたがこれまで歩んできた人生は、あなたじゃなきゃ歩いてこれなかったのです。

嬉しかったことも、楽しかったことも、

辛かったことも、悲しかったことも、

すべてあなたを『幸せ』にするために起きたエピソードです。

その経験から

『あなたが本当になりたい自分、本当の思い』

を一緒に見つけていきませんか?

あなたのやさしさを

いつでも、どこでも、誰にでも

あなたの内側から溢れ出る本当の思いを一緒に見つけていきませんか?

興味がある方は、ぜひ体験セッションにお申込みください!

【期間限定】4月26日(月)23:59まで

こちらからどうぞ!

https://yata19830426.wixsite.com/website

373.あなたの仕事の目的は!?

こんにちは。

谷田部です。

チームマネジメントという言葉を聞いたことがあると思います。

それは具体的にどんなことを意味していると思いますか?

チームを管理する

チームの指導者の仕事を割り振りする

チームの仕事の役割分担をする

そんなイメージがあると思いますが・・・

実際に「マネジメント」という言葉は、ラテン語の「マネージ」が語源らしいです!

「マネージ」とは、

【どうにもならないことをどうにかする】

という意味があるそうです。

最初に挙げたチームマネジメントは、

僕の見解では、どちらかというとチームがうまく回るようにコントロールすることのように感じます。

もちろん・・・それもマネジメントの中にありますが、

マネジメントには、不確実性が高いものをどうにかするという意味も含まれています。

たとえば、チームの勝利!

その勝利のためのチームのゴール設定、

このゴールと達成するための動機、

チームの中の課題の原因になっているボトルネック(唯一の原因)

さらに、それに合わせてのPDCAを回すなど

現場のスタッフと話し合いを持ち、納得感の高い形で指導現場に落とし込むことが必須になります!

それらをするって正直すごく大変ですよね!

マネジメントって多角的視点が必要なんです。

さて、こんな話があります。

ある建築現場で、何をしているのかを聞かれた三人の石工(石材を加工したりそれで何かを組みたてたりする人のこと)のうち、

一人目の男は『これで食べている』と答えた。

二人目は手を休めずに『腕のいい石工の仕事をしている』と答えた。

三人目は目を輝かせて『国で一番の教会を建てている』と答えた。

すると、最後に奥にいた四人目の男が答えた。

『私は皆の心のよりどころを作っている』と。

目の前の指導に入り込みすぎると、どうしても本来の目的や価値を見失いがち。

目先の勝利や手取り早く上手くいくやり方が強まります。

確かにチームの勝利は、不可欠ですが、最終目的ではないはず・・・

チームは理念やミッションによって存在が際立ちます!

指導者の仕事もチームの勝利を超越した目的や価値を目指すべきです!

「スポーツを通して自身で考える力を持った人材を育成する」

「豊かな人材を育成してスポーツの価値をより高める」

「スポーツを通じた人と人の繋がりから、豊かな社会を創る」

それらのスポーツ本来の価値が、

多くの人の共感を呼び、ビジネスとして成立するのです。

チームの勝利は、その活動の一番最後に現れる指標にすぎないのです。

あなたの仕事は、何を作っていますか?

あなたの仕事は、どのように憶えられていたいですか?

あなたの仕事は、どのような価値を生み出していますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

372.学びは実践に移してこそ!

こんにちは。

谷田部です。

最近は、コロナ禍の影響で学ぶ機会が劇的に増えました。

自宅で、オンラインで、気軽に学ぶ機会が増えました。

本を読むこともそうですが、

セミナーに参加したり、

複数人でのディスカッション形式だったり、形式は様々。

学ぶことが手軽にできることは、とても良い傾向です!

先日も「自分軸」を見つけるセミナーに参加しました!

(自分軸とは、自分が生きるための判断基準となる

 大切なこと・信念・価値観・自分らしさのこと)

この学び中で気づくことができたことは、

自分らしさとか大切にしていることって・・・

大体ポジティブなことに隠されていると思い込んでいました。

でも、イラッときたことやムカっとしたことにも隠されているんです。

昔の自分は何かしらイライラしていました。

ムカっとくることがあるとすごく顔にでました。
(今もですが・・・)

それも感情が動いた瞬間なんです!

「へぇ~そうだったんだ~」

それはいいこと聞いた!

改めて気づいたことや発見は、すごくモチベーションが上がります!

それで自分ができるようになったり、

自分軸を持ったと勘違いしていたら、

その学びは、半分だったと言っていいでしょう!

情報のインプット、それだけでは成長はありません。

学びは、自分の中に入れるだけでは学びではないのです。

実際に学んだことを実践するからこそ理解がさらに深まり、自分の成長になるのです!

実践するからからこそ、あなたの血となり肉となるのです。

それは何を意味しているかというと・・・

あなたの発する言葉や態度、仕草に現れてくるのです。

そういった部分に共感するポイントがあるのです!

この人の話は、本物だ!

この人の経験は、本当だ!

この人から話を聞きたい!と感じるのです。

学ぶことはとても大切なことです!

でも、情報を自分の中にインプットするだけでは半分です!

学んだことを自分なりに実践することが、あなたの価値に変わるのです。

実行に移すからこそ、もっと大切な学びがあるんです!

あなたが今日、実践したいものは何ですか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

365.森を見るということ

こんにちは。

谷田部です。

僕の最近の悩みは、早起きです。

新年度を迎える中で、

仕事がどんどん増えているように感じます。

やれもやらなきゃ!

これもやらなきゃ!

今日はこれとこれをやって・・・

あっ!そうだ!これもできるな・・・

そんな風に頭の中で自分のやるべきことを組み立てようとすると

新しいアイディアややったほうがいいことが生まれて

結局それをやってしまい、やるべきことに手がつかない・・・

そんなこと山ほどあります、、、

何事において、目的や目標を明確にすることは大切です。

何のために、いつまでに、どうなっていたらいいのか

それを明確にすることができれば、作業のペースや進捗の評価ができます!

僕の場合、早起きができない理由は、

作業のペース配分が明確じゃないところです。

行き当たりばったりで、その場その場で新しいことに引っ張られて、

全体像が把握できていません。

さて、

「木を見て森を見ず」というように

全体を見渡す視点を持つことが大切です。

それには、現状とゴールを明確にすることです。

カーナビで目的地を設定すると

現在地から目的地までの道のりが表示されますよね!

縮尺を変えていくと、

日本地図全体が見えるようになり、

こんなルートで、あの県とこの県を跨いで向かうんだな・・・

そんな全体像が見えてきます。

「ここ通るならあそこのパーキングで美味しいもの食べよう!」とか。

「せっかくならあの有名スポットに寄っちゃおうかな!」とか。

全体像が把握できると、見える世界も変わってくるのです。

そんな全体像を把握するサポートをしてくれる質問をプレゼントします。

質問は3つ!

この順番で使ってみてください。

①今、何が起きているの?

②本当は、どうなっていたらいいの?

③そのために今すぐにできることはなに?

全体を見渡す視点を欠いていては、

目の前の仕事が、要点を外したものになりかねません。

そのためにも全体像を把握する視点を持って行動していきましょうね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

363.能力と弊害

こんにちは。

谷田部です。

仕事から帰り、
ふとテレビで報道ステーションを見ていると
スポーツチャンネルに松岡修造さんから
インタビューを受けている石川佳純選手がいました。

1月17日行われた
卓球の全日本選手権女子シングルス決勝。

伊藤美誠選手と石川佳純選手の
東京オリンピックの代表内定者同士の戦い。

その様子を松岡修三さんが巧みにメンタル面を絡めながら
インタビューをしていました。

卓球というスポーツは、僕は遊びでしかやったことがなく
サーブすらまともに打てないのが現実です笑
(もしかすると妻の方がうまいかもしれません・・・)

ゲームカウント1-3でリードされたところから見事逆転勝利!

僕だったらそのままズルズルメンタルを引きずり
負けていたんじゃないかと思います!
(誰と比較してんだって話ですが・・・)

インタビューで印象に残った部分は、

東京オリンピックの代表が内定した当時の心境を

「安心感は全っっっくなかった!」

と言い切ったところ・・・

さらに

「他の人が出たほうがよかった」

と言われたくないという一心で取り組むも・・・

「若い選手に変わった方がいい」

という周囲の声があり、

石川選手は、その言葉をネガティブに捉えてしまったと言います。

石川選手は、27歳。

伊藤選手は、20歳。

その他卓球界牽引するのは、10代~20代の方々が多数。

世代交代を訴える声を気にするのも致し方ないことです。

それでもコロナウイルスの影響での自粛期間に自分自身を見つめ直し
見事に自分のスタイルを確立して優勝を成し遂げたのです!

さて、
成果を上げるには、こんな公式があります。

『成果 = 能力 ー 弊害』

石川選手は、自粛期間の中で急激に自分の能力を上げたのでしょうか?

僕は違うと思います。

石川選手の技術は、世界でもトップレベルだと思います。
その能力をさらに上げるには、相当の時間が必要です。

その能力を出させないような弊害が存在していたのです。

それが年齢によるプレッシャーや若い世代からの突き上げ、
周囲の声だったと僕は感じます。

その弊害を自粛期間の中で減らすことができたので、
石川選手の力を発揮できたのではないのかと思います。

きっとその中には、指導者やその他の方々の関わりがあったからこそだと思います。

能力を高めることは大切なことです。

でも、それと同時にその選手の抱える弊害に目を向けて
それを減らすことも成果に大きくつながると考えます。

あなたの選手にとって弊害になるものはなんですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

357.言葉のズレを合わせる

こんにちは。

谷田部です。

言葉って伝えたいことを
全部は伝えてはくれないんです。

「もっとコートを大きく使おう!」

「しっかり相手をマークしよう!」

などなど

この指示の中には、抽象的な部分があります。

「大きく」

「しっかり」

それらは、指導者の頭の中には、鮮明にイメージがありますが、
選手の中には同じイメージがあるかというと
そうではないですよね・・・

指導者と選手にイメージのズレがあると
良いパフォーマンスは発揮されません。

お互いにストレスを抱えて、

さらにイメージのすり合わせが必要になります。

ジャイアンツの投手コーチになった桑田真澄コーチが
現在キャンプ中に若手投手の指導に当たっているという記事を見つけました。

10球連続で短い間隔で投げて、制球力を磨くインターバルピッチングを指導

そんな風に書いてありました。

桑田コーチの指導を受けた選手はこんなインタビューを残していました。

「クイックという言葉にとらわれないようにという話。
 言語化して伝えていただいたのでかみ砕きやすくて、整理がつきやすかったです」

「『30球、俺にくれ』と言われました。
 その時の自分の能力を確認するには、すごくいい練習だと思うので続けていきたい」

このインタビューから読み取れることは、

言語化

丁寧さ

信頼

親密

尊敬

分かりやすさ

対等

そんな言葉を、僕は読み取りました。

さて、
使う言葉を合わせることは大切です!

選手は、最短最速で自分のゴールや目標に辿り着きたいと思っています。

もちろん指導者だってそのために働くはずです。

でも、人間にはそれぞれの捉え方が存在するため
ズレが生まれます。

桑田コーチは、そういったズレを生むことなく、
さらに選手にモチベーションを上げた状態で練習を終えることが
インタビューから伺えました!

こんな状態を続けていくことができたら
選手の目標達成はどうなると思いますか?

より早くなりそうですよね!

もし、自分の言いたいことや伝えたいことが
うまく伝達できていないと感じていたら・・・

自分の取り扱っている言葉が
選手にどのように伝わっているかを検証してみませんか!?

あなたのイメージとかけ離れたイメージを持っていたら
伝わるはずのものも伝わりません。

お互いにもったいない時間だけが経過してしまいます。

そんな部分をこれから一緒に学んでみませんか!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「日常でハッとする!心磨きメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

346.誰でも最初は一人から

こんにちは。


谷田部です。


最近、コンビニやスーパーで買い物をすると
聞かれるフレーズが・・・



「レジ袋お持ちですか?」



「袋はどうしましょうか?」



レジ袋が有料化されて、マイバックを持つことが当たり前になってきました。



僕の仕事バックにも、いつも緑のマイバックが入っている状態が習慣化されました。



これは、結構衝撃的だったんですが、
日本の一人あたりの使い捨てプラスチックゴミの量は、
アメリカに次いで二番目に多いらしいです・・・



もし、このままのペースでプラスチックゴミが排出され、
河川を通じてそれらが海に排出されると・・・


2050年には、
海洋中のプラスチックゴミの重さが
海洋中にいる全部の魚の重さを上回ってしまうのです。



こういったリアルな現実を
あなたはご存知だったでしょうか!?
(僕はそんな現実は全く想像していませんでした・・・)



こういった現実を少しでも変えようと・・・


「ポリぶくろ 1まい すてた」


という絵本に出てくる


ガンビア共和国のアイサト・シーセイさんは、


道端の落ちているポリ袋でお財布などを作るリサイクル活動をスタート。


現在では、協力者もどんどん増えて、
そのお財布などからの収益で村に教育センターを設立したのです。


とても素敵なエピソード!


このように一人で村のゴミの環境改善に尽力されている方もいらっしゃいます。



さて、
誰でも何かを始めるときは、一人です!
そこからがスタート!


まず自分ができることを一人でやっていくことが大切!


分かっちゃいるけど・・・


周りはあなたを変わり者と思うかもしれない、、、


途中で投げ出したくなるかもしれない、、、


自分の中で思った以上の成果が得られないかもしれない、、、





これが僕が今日言いたいことです!




『周りに惑わされないでください!』




あなただからそれをやろうと思ったんですよ!



あなたの中に芽生えたものは、

気軽に自分にやらせてあげてください!



そうは言っても、、、

これがジャマで・・・

あれがネックで・・・

こんなリスクだってあるし・・・

できない理由になるものが押し寄せてくるかもしれません。



でも、
そもそもできないことが、あなたの中に浮かびますか?



できるイメージがあるからこそ、あなたの中に生まれてきたんだよ!


あなたの中に芽生えたものはやらせてあげましょう!






最初からうまくいかないかもしれません。


それでも、階段を一段一段上るようにちょっとづつ進むことが
あなたのイメージに近づいていく秘訣です。



周りに惑わされないでくださいね!



誰だって最初は一人からのスタートです。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


338.涙の訳は・・・

こんにちは。


谷田部です。



全日本卓球選手権最終日 
女子シングルス決勝   


石川佳純選手 4―3 伊藤美誠選手

4−1111−7③7-11④7-11⑤12−10⑥11−5⑦11-9


ニュースでのハイライトを見ただけでも
すごい見応えのある試合でした。


解説を務めた福原愛さんは、


「日本の女子卓球界はポップコーンのように若手がどんどん出てくる中での・・・」


「石川選手のあきらめない姿勢であったり、毎日日々こつこつと努力していくことの大切さを・・・」



石川選手も


「今日は(伊藤選手に)胸をかりて勝負しようと思っていました・・・」



どれだけこの優勝が大変だったかを物語っているか分かると思います。



さて、
優勝までにはさまざまなプロセスを経てその場に立っています。



決して偶然でその場に立つことはできないでしょう。



勝てた・・・勝てなかった・・・
ただそれだけにフォーカスしてしまうとどうでしょうか?



勝てたから良い!

勝てなかったからダメ!

そのような0ー100思考では、

競技を続けていくためのモチベーションを高く維持することは難しいでしょう!



だからこそ、
そのプロセス(勝てた、勝てなかったは別として)を辿ってきた中で
得られたものに気づくことって大切です!




忍耐力だったり、


ケガをした経験だったり、


決断力だったり、


仲間かもしれません。



それは、そのプロセスを辿ってきた人にしか分かりません。



でも、それは往々にして気づかないことが多いです。



スポーツ指導者は、そういった選手の辿ってきたプロセスから
手に入れてきたものを明確にできる視点が必要です。



つまり、うまくいったとしても、うまくいかなかったとしても、
現状を明確に把握することが重要です。



現状を明確に把握できれば、またスタートラインが決まります。



ゴールとスタートラインが決まれば、また再出発できます!



現状を把握するための質問

「あなたはゴールに向かうプロセスでゴール達成意外に手にいれたものは何ですか?」







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








328.経過観測

こんにちは。


谷田部です。



「ちら~ちら~し~か~る~」



「お~そら~の~ほ~し~お~」



朝、保育園に娘を送りに行くとき
車の中で娘は歌を歌います。



さあ、なんの歌か分かりますよね!?笑



そうです!
『キラキラ星』です!




最近なんて・・・
『ちょうちょ』だって歌うんですよ!



まったく言葉を話せなかった娘が、

僕たちの言葉

保育園のお友達や先生

TVを通しての情報

などを通して、、、



言葉を習得していった、
そんな過程を想像すると・・・


「よく聞いて、よくチャレンジしてきたね!」


そんな言葉を贈りたいです!



これ以上いくと、、、
親バカ全開メルマガになってしまいそうなので・・・


本題へ、、、
(すみません、、、全集中でいきます)


今回は、


なぜ言葉を話せなかった娘が
歌えるまでになれたのか!?


・・・ではなく





早く話せるようになるためには、
0歳から積極的に話しかけることが重要!


・・・ではなく




スポーツ指導者として、

選手たちの

「結果ではなく、経過を重視しましょう」 

ということです!



昨日、お伝えした

『P・A・T・R・O・L』



その一番最初は、


Process(プロセス=経過観測)


結果を評価するのではなく、
経過を重視しましょう。




なぜ、プロセスなのか!?


結果は、目に見えるものです。


結果が出れば、OK!

結果が出なければ、ダメ!


一番分かりやすい構図です。



もし、“まだ”うまく歌えていない娘に


「そこは違うよ!こうやって言うんだよ!」


なんて言っていたら、娘はどうなるでしょうか?



きっともう・・・歌わなくなるでしょう!
(そんなのは絶対に嫌です)




では、
スポーツの場面に置き換えてみたときに、
選手たちの結果で選手たちを評価していたら
選手たちはどうなるでしょうか?




・・・楽しくない



・・・行きたくない





選手たちは試合があれば・・・
勝ちたい!と思って取り組むはずです。



だからこそ、
練習でどんなことをやってきたのか!?



もっと言うと
練習をどんな気持ちでやってきたのか!?



練習でうまくいかなかったときに、
どんな対処をしてきたのか!?



一人でできないことがあったら
どうやって仲間と解決してきたのか!?



これらはすべて、


試合に勝つための行動=努力


だと断言できます!




たとえ、どんな結果であろうとも、
結果にいたるまでの努力や行動があったはずです。



そこに注目して
選手たちとコミュニケートし
その選手の経過を観測していくことが重要です。






では、経過観測のために具体的に何をするのか!?


『現状とゴールを明確にする』ことです。


そして、

そのゴールを達成するために
どんなプロセスを経ていくことが
最短でゴールにいけるのか!?

をお互いの納得感の高い状態で設定することです。



階段を想像してみてください!

登り切ったところがゴールです。
10段目としましょう。


では、1段目を上がるときにやること・・・


次に2段目を上がるときにやること・・・


次に・・・次に・・・


とプロセスを設定していくと
よりゴールのイメージが湧きます!


そうやって自信をつけていくのです!


自信とは、

「オレでもできそうかも・・・」

と思うことです!



そう思わせたら、
選手は勝手に行動してしまうのです!



つまり
経過観測をしていくことで、


試合に負けてしまったけれども・・・
成長している部分


試合に勝ったけれども・・・
成長していない部分


そんなことに気づくことができるんです。




だから、
良い結果が出た時も、 

悪い結果が出たときも、

選手たちと一緒に原因を考えてみましょう。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



324.ドミノ倒しからの考察

こんにちは。


谷田部です。



休みの日は、家族とゆっくりしています。


普段、娘とできないことばかりやっています。


お絵描き


階段登り降り


お人形遊び


一緒にゆっくりTVを見たりもできないな・・・



少し申し訳なさも感じながら、、、


今のお休みを満喫しています!



あるTV番組を見ていたとき・・・


ドミノ倒しをやっていました!




小さいドミノからスタートして、


それが徐々に大きくなっていき、


最後には僕の身長よりも大きいドミノに変わっていくんです!




娘はそれを見ながら


「おぉ~!」


「すご~い!」


「すごいね~!!」



興奮しながらドミノ倒しを見ていました!






さて、
2021年は、優先順位をつけて

作業を順番にやっつけていくことが

僕の今年の目標です!






いきなり大きなドミノを倒すことはできません。



高さ5cmのドミノの次が、

2mのドミノだったら無理ですよね。。。



普段からやらければいけない作業、、、



新たにやるべきこと、、、



その準備など、、、



毎日毎日
小さいドミノがある状態です。



でも、
その小さいドミノが繋がっていなかったら、

いつまで経っても大きなドミノは倒すことができません。



それは、作業と成果が繋がっていない状態です。



いくら小さい作業を続けていても・・・



大きな問題をやっつけるためにその作業が繋がっていなかったら・・・




成果は出ません。。。



今年は、小さい作業をいかに繋げて大きな成果に繋げるか!?



そんな部分に焦点を当てていきます。




まずあなたがやっつけたいことはなんですか?



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー