236.知っているからできるわけじゃない

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



「こんなに難しかったのか、、、」

冷や汗って本当に冷たく感じるんですね、、、





コロナウイルスは様々な環境の変化を与えてくれました。


僕の仕事は2ヶ月手付かずのまま停滞しました。


その間ある講座から「コーチング」を学び
実際にクライアントさんをとって
セッションをするところまで
漕ぎ着けました。



セッション当日

PCの前に座ってセンションの流れを再確認

質問などの準備もできてる

あとはクライアントさんとZOOMをつながる

いよいよセッションスタート!



さあ!どうなったと思いますか!?





予想もしなかったことばかりが起こり
頭は真っ白!



「こんなに難しかったのか、、、」


冷や汗って本当に冷たいんですね、、、



さて、
コーチングにも型があるんですね!


最も結果の出やすい型があります。


それを僕は知っているのにできないんです。



ここでの気づきは

知っている=できる

という公式は存在しないということです。



ーーーーーーーーーーーーーー
何かを学ぶ時に必要になるのが
『守・破・離』の考え方です!
ーーーーーーーーーーーーーー


守(まもる)・・・師匠の教えをそのまま遂行する段階(1人前)

破(やぶる)・・・作業を分析し、改善できる段階(1.5人前)

離(はなれる)・・・新たな知識・技術を開発できる段階(創造者)


簡単に言うと、こんな説明ができます。


では、この3つで一番重要なものはどれか分かりますか?






『守』です!


空手・柔道・茶道・書道など全て最初に基本の型を学びます。


基本の型とは先人たちが築きあげてきた伝統ともいえます。


試行錯誤しながら現在の最も効果の高い方法にまで昇華させてきたものです。


それを知っているレベルでは、「守」を体現したことにはなりません。


たとえば
サッカーでも基礎となるのが、インサイドキックです。


蹴り方はすぐに分かりますが、

それを試合で

より正確に

状況に合わせて

味方にパスを通すことは

初心者にとってはとても難しいです。


それができるようになって初めて守を体現したことになります。



知っている=できる 
と勘違いしてしまいそうですが、
「守」が一番時間がかかります。



守を習得するコツについては明日お伝えしますね!



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です