235.道(どう)という精神

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


日本には、武道・剣道・柔道・茶道・書道など
「道」が使われた言葉がたくさんありますね!


そもそもこの「道(どう)」とはなんでしょうか?


この文字のつくりは

「首」・・・人間
「?」・・・人が物理的に行きかう場所

という意味合いがあるらしい、、、
(僕は初めて知りました)


そこから
人が何度も同じことを反復して得た最高の善を
「道(どう)」というのだとか。


単に技術を磨くだけでなく(もちろんそれも大切ですが)、
人としての成長をめざす、
それが「道(どう)」という一文字に表現されているのです。


つまり、『終わりがない』ということです!



こんな言葉を思い出します!


『学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない』


ロジェ・ルメール(元フランス代表監督)の言葉



これは完全に「道」の精神に基づいた言葉です。


サッカーの世界は常に変化していきます。
何が変化しているのか!?
よくトレンドという言葉を耳にします。


サッカーの最先端を行っているのが欧州です。
そこで行われている戦術や練習方法など
また選手へのアプローチ、対人アプローチなど
さまざまな知識や常識。


また、長期間・広範囲に渡って変わらないもの。


それらの融合がトレンドを作っています。


トレンドによっての常識や知識を常に学ぶ姿勢が必要です。
学んで終わりではないのです。



あなたがビジネスとして実践しているもの


あなたが現在学んでいるもの


あなたがこれからやっていきたいビジネス


それらはきっと「終わりがない」ものだと思います。



あなたなりの「道」を見つけてみませんか?



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??







投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です