237.行動のハードルを下げる魔法の言葉

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


Jリーグに詳しい方ならご存知かもしれません。

J1ガンバ大阪の遠藤保仁選手(40歳)が
J2のジュビロ磐田へ移籍することが
ニュースになっていました。



2001年から所属するチームを離れ
J2のクラブに移籍するのです!


理由は「出場機会を貪欲に求めて!」


チームの象徴的存在


日本サッカーを牽引してきた存在


南アフリカW杯でのフリーキックは記憶に残るもの


そんな選手も年齢が40歳を迎え
そろそろ引退や引退後の生活などを
考えてもおかしくない状況です。


でも、
出場機会を貪欲に求め移籍を決断したのです!


この決断力や行動力はどこからくるのでしょうか?



さて、

「行動することが大事!」

これを分かっている人が多いと思います。


「でも、それができないから悩んでるんだ!」


「それがすぐできたら誰も苦労しないよ!」

と言われそうですが、、、
大丈夫です!僕も同じです。


行動することの大切さは分かっていても
なかなか動けないのが現実です。


では、
行動のハードルが下がったらどうですか?


今回は行動のハードルを下げる魔法の言葉を紹介します。



それは


「テスト」


という言葉です。



たとえば、


「この新商品売ってみましょうか?」


「この商品売れるかテストしてみましょうか?」




「ブログを書いてみましょうか?」


「ブログ書いてみたらどうなるかテストしてみましょうか?」



この2つの事例でどちらが行動しやすそうですか!?


テストという言葉には、今まであまりいい思い出はありませんが、
良い時も悪い時もあったという無意識な思い込みがあります。


100点とって褒められた!


赤点とって居残りさせられた、、、


良くも悪くもどちらにも転ぶというイメージが
変に力が入らずに行動に移せるのではないかと考えます。



もし行動できなくて悩んでいるのであれば、



「それがどうなるかテストしてみたらどうですか?」





「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??






投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です