229.そうだよね〜、分かるよ〜

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


マナーモードのスマホが振動しています。


すぐに消えたので、
メールとかだろうと思っていました。


仕事終わりに開いてみると
妻からのLINEでした。



「帰ってきたら話したいことがある!」



ここまでをみると何やら不穏な空気が流れてそうですが、、、



結果的には大丈夫でした!


話の内容は妻の職場でのことでした。



今まで

「やっちゃんは全然話を聞いていない」

と言われ続けてきたので、



それを払拭するべく、
TVのスイッチをきり向かい合って

話を聞く姿勢作り、

アイコンタクト、

相槌、

うなづきをフルに駆使して話を聞きました。



話を聞いていると
経営者の資質を問われるような発言を
妻が受けていることがわかりました。



若干のイライラ感を僕自身感じながらも
そんなことを受けながらも
僕のいない間に娘の面倒を見てくれている妻に
感謝の念でいっぱいになりました!



さて、話を聞く時に賛同できないこともあるはずです。


その時に


「その意見には賛同できないな、、、」とか



「それも大切だけど、、、こうじゃない」とか



「それは間違ってるんじゃない、、、」とか



そんなこと言われると話した方からすると


「意見を聞いてるんじゃないよ、、、聞いてほしんだよ」


と思っているはずです。



そんな時って「一度、話を受け止める」ことが必要です。


なぜなら、
話をしてくれている相手は
わざわざあなたに話をすることを選んだからです。



何かしらあなたに
仲間意識や共通意識
を感じたからじゃないですか!?



一度その話を受け止めてあげることで、
相手も心がホッとしますよね。




そんな場面で使える有効な言葉が


「そうだよね~。分かるよ~」


です!



これは賛同できないことでも使えます。

一度、受け止めて相手の心が落ち着くことで
振り返る時間を作ることができます。



もし、振り返ることで行動を改めることができたら
あなたは話を聞いて受け止めただけで感謝されます。



これが最近の僕の気づきです。




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です