230.自分で自分を認めること!

Pocket

こんにちは。

谷田部です。

自分が自分のことを認めていないと

他人に認めてもらいたくなる。

他人が認めれくれないと

なんとか認めさせようと自慢ばかりするようになる。

それでも認めてくれないと、

自分よりも成果の低い人とかをバカにするようになる。

人をバカにするようなヤツを認めるわけがないし、

そういう人は「他力」が来なくなるのでそのうち墜落していく。

完全に僕のことだったので、

戒めのために書かせていただきました。

僕は「頑張ってるね!」って

認めて欲しいんです。

なぜか?

自分で自分のことを認めていないからなんです。

やろうと思ったことを実践できていない、、、

口だけで行動に移すのが遅い、、、

人の目が気になって正解ばかりを探す、、、

先延ばしする癖がある、、、

僕は自分で自分の嫌な部分をたくさん知っています。

もちろん自分自身だからですね!

でも、

自分の中の嫌な部分も良い部分も

共通していることがあるんですね!

それは

「自分を幸せにするため」

に現れているのです!

人の心は

地球のような球体になっている

という話があります。

たとえば、

あなたのゴールが

ブラジルに行くことであれば、

アメリカ経由で行く方法

ヨーロッパ経由で行く方法

直行便など行き方は様々。

これは、あなたの生き方にも言えることです。

幸せというゴールを目指すのに

東から行く

西から行く

北から行く

どこから行っても球体だからゴールには行けます!

でも、東に行って出会ったある人から

「ゴールは西だよ!」と言われて

来た道を引き返し、

また道中で出会ったある人から

「ゴールは北だよ!」と言われて

進路を変えてしまったら、、、

これでは、

ずっとゴールにたどり着けないですよね!?

それが心で起きると

「迷い」となって現れるんです。

さて、

必ずゴールにたどり着けるのだから、

どのルートでも大丈夫なんです!

どんなあなたでも必ずゴールにたどり着けます!

だったら自分で自分のことを認めた方が得です!

あなたのワクワクする方へ行ってみたらどうですか?

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です