226.相手の立場に立って考える

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


現在では検索エンジンはどなたでも使っています。


Google


Yahoo


それぞれ必要なときに必要なものを手軽に検索して調べることができる。


ググるなんて言葉も生まれました。


Googleは検索部門で1位になっています。


それはどうしてでしょうか?


あなたは


「HP 作製」


「HP 製作」


この2つを検索している人の目的が分かりますか?



「HP 作製」を検索した人は
HPを自分で作製するための媒体や方法を検索したい



「HP 製作」を検索した人は
HPを製作してくれる企業や会社を探している


似たような検索ワードでも決定的に違いがあるのです。



これらをピンポイントで
検索をかけた人に当てはまる情報を
提供することが
Googleの理想なんです。



そんな確実性の高い検索エンジンは
信頼性が高くずっと使い続けてもらえます。



さて、
Googleが確実性の高い検索エンジンを提供するために心がけていることは、
相手の立場に立つということなんです。


検索側の立場に立ち、
良い情報を検索結果の最上位に持ってくることが
多くの人の悩み解決になっているのです。


これは僕もいつもお世話になっています!



相手の立場に立って考えること
それが価値なんです!



あなたが提供できる価値は何ですか?



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です