208.環境作りが気づきや発見に繋がる

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


9月1日は防災の日。


日本は地震国。
最近では台風や集中豪雨による水害。
様々な災害が隣り合わせな現状です。


つまり、
いつどんな災害が起こるか予測して生活しておくことが大切なんです。


それを再確認するために設定された防災の日。


各地できっと防災訓練が開催されるはずです。


その防災訓練も毎回の習慣で参加者のマンネリ化を生み、
なかなか実際に近づけた状態での訓練ができない状況があるそうです。


確かに
僕も小中学校の避難訓練では
何かイベント感満載で笑顔がみられる避難訓練になっていました、、、



さて、マンネリ化は危機感の欠如を生み出します。


なので、訓練を開く側はこんな注意喚起を促している。



「訓練中に携帯電話が鳴ったら、自分の判断で出るなり切るなりしてください」
イベント感を出してマナーを重んじることを無くしている。


「トイレは行きたいときに行ってください」
行きたくても行けない状況になることもある注意喚起。


「作り方は書いてあるので読んでください」
非常食イベントでは完成品を食べるのではなく、
作るところから始めて助け合いを促している。


あえて不便なイベントにしている。


防災訓練は、決して上げ膳据え膳ではない。


参加者によっては


「わからない」


「もういい」


と不満や不機嫌を露わにする人もいるらしい、、、



しかしあえて、不便を感じる演出をしている。



そうすることで自分で考えて、自分でやれるように仕掛けている。
なにしろ、災害を想定した訓練であるから!





習慣で行動していて、
なかなか自分で考えて行動することがない。



ご近所付き合いが
以前よりも希薄になっている。



そんな現状には、このような刺激が強い訓練はとても効果的だと感じる。



災害時に近い心理状態(環境)を作り出すことが気づきや発見に繋がるのです。

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です