206.あるコンプレックスの話

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



※今日はとてもプライベートな内容になるので
興味のない方はお読みにならないでください



僕は小学生の頃


成長が早熟な子供でした。


身長も6年生で165cm


足の速さは50mを6秒前半


大人のような小学生。


そして、


毛深かったんです笑



これが僕のコンプレックスでした。



周りの友達は、すね毛がツルツルなのに



僕はボウボウでした笑



女子からは物珍しそうにからかわれて


「この毛に一体何の意味があるんだ!」
とすね毛の意味を考える日々を過ごしました。




中学生の頃
ある夏の暑い暑いプールの授業


水着に着替えてプールサイドに集合する前に


体を消毒するシャワーを浴びている時に


女子のクスクスと笑う声が聞こえてきました。



明らかに僕を見ている!
(自意識過剰だろ!と言われそうですが)



目線は僕の胸あたり、、、



そうです!
うっすらと生えていている胸毛を見て笑っていたんです。



そんなムダ毛にコンプレックスを抱いていた僕ですが、
そのコンプレックスを変えてくれる事件が起こったんです。



それは娘の存在でした!



娘は僕のすね毛や胸毛を

触って、

引っ張って、

なでて、

遊び道具として使っているんです。




今でもリビングでソファに座っていると
娘もソファに登ってきて
僕のTシャツをめくり
胸毛をわさわさ触ってきます、、、
(こんなんで将来大丈夫だろうかと心配されるかと思いますが、、、)



さて、
一見無意味、無価値に感じるものでも
対象によっては価値を感じるものがあるということです。



そんなの「こじつけ」だろ!と言われそうですが、、、



たとえば
乃木坂46が好きな追っかけの方達は、
握手会に参加するためにCDを何枚も買う。


僕はそれに全く価値を感じません。



それと同じだ分かったんですね。



娘にとってすね毛や胸毛はおもちゃと同じなんです。


価値を感じてくれる人にはその価値を存分に提供すればいい。


価値を感じていない人には無理に分かってもらおうとしなくていい。


コンプレックスを感じる必要はなかったんですね。


価値を感じている人には存分に!



その価値を感じている人に対して


全力投球することが


全エネルギーを注ぐことが


とても大切なことです!




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??












投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です