205.自分を知る大切さ!

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



「AコーチとBコーチでは言っていることが違くて
 どっちを聞いたらいいのか分かりません」


これよく耳にします。



少年サッカーを指導していると
これは失礼な言い方になるかもしれませんが、
お父さんコーチ(コーチには変わりないですが、)が
小学生の指導にあたっているチームがほとんどです。



保護者の方々で
チームの運営から指導までを行ってる現状です。
決して良い悪いの話ではありません。



その環境下で
子供達から、
また、その保護者から


「AコーチとBコーチでは言っていることが違くて
 どっちを聞いたらいいのか分かりません」



という話を耳にすることがあります。



以前の僕であれば、
「そのチームでどんなサッカーをするかが明確になっていないからじゃないですか!?」



「その理想のサッカーに対して一番可能性のある意見を取り入れてみたらどうですか?」



なんて全く意味のないアドバイスをしてしまっていました。。。





現在の僕は


「どっちでもいいんじゃないですか!お子さんが選んだ方で!」


と答えます!



Aコーチというコーチも


Bコーチというコーチも


あなたのお子さんのために

「これだ!」

と思ったものを提案しただけなんです。





どっちを選ぶかは、
あなたのお子さんが決めればいいだけです。




そう言うと

「Aさんの言うことを聞くとBさんが怒るんですよ。。。」

と言われそうですが、



そしたら

「今回はAさんのアドバイスを採用したみたいですが、
 Bさんのアドバイスも的確で今後の参考になります。
 本当にありがとうございます」

と言っておいたら悪い気はしないと思います。



話がそれましたが、




答えが1つだけと決めつけるのは、
日本人の悪しき習慣のように思います。





どちらが正しいのかよりも
今の自分に対して、本当に価値ある情報はどちらなのか?
という選択ができることの方がずっと大切だと思います。



現状の自分に対してこの情報はどうなのか?




他人にとっては有効な手段かもしれないけれど
あなたにとっては有効ではないかもしれないですよ、、、



それを盲目的に自分にも当てはまると思い込んで
疑いもなく取り入れていたら時間がもったいないです。




これからたくさんの情報の波にさらされる子供達が
自分のことを理解して
情報を取捨選択していく力が
本当に必要です!



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です