204.停電の中で感じたこと・・・

Pocket

こんにちは。


谷田部です。




先日の夜、3~4時間ほど停電していました。



21時半にコーチングセッションを終え、
寝室で娘の寝顔を見ながら妻と話していると
「パッ」と電気が消えてあたりが真っ暗になりました。



「あれっ!停電か!?」



一瞬、電気が戻ったような兆候があるも
すぐにパッと消えて真っ暗に、、、




リビングに行き、
カーテンを開けてもると、
外は豪雨、電気の明かりが一切消えた街が広がっていました。




程なくして信号や外灯は復旧したが、
周りのマンションでは電気が戻らず携帯のライトをつけて
部屋で動いている人がいるのが分かりました。




僕は夕飯を食べていなかったので、
暗闇の中夕飯を食べることに、、、




「味噌汁温めなくちゃ!」



と電子レンジにお椀を入れたところで



「あっ!停電だった、、、」





テレビがつかないなら
ネットで動画を見ようと思って
パソコンを開いてみら




オフラインになっています、、、




「あっ!停電だった、、、Wi-Fi機器動いてないんだ、、、」




常に電気がある生活が
当たり前だったんだなって実感させられました。




ふと災害が起きたとき被災地の方々は、
この生活を何日も何ヶ月も強いられることになるんだな、、、




こんな数時間の停電で”あたふた”していて
本当に大丈夫なのかと思い知らされました。





予想や想像は大切なことだと思います。



でも、
経験に勝るものはないと改めて実感したのです。




今あるものは当たり前じゃない。
先人たちが築き上げたものの上に僕は安心安全な生活ができている。




だからこそ、
普段の生活の中に起こる出来事から
ほんの些細な気づきからでも
予想すること想像することをやめてはいけないなと思ったのです。




その出来事はあなたに何を気づかせてくれているのだろう?




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です