199.好きは価値観の違いだけ・・・

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



「これのどこが美味しいんだろう!?」


そう思いながら僕は男梅梅干しシートを手に取るのでした。





コロナ禍ではありますが、
妻の両親と箱根に車で行ってきました。



久しぶりの遠出



妻と娘はいつもよりもテンション高め!



前日の準備もめんどくさがることなく鼻歌を歌いながら!



「楽しみにしていたんだなぁ」
っていうのが伝わってきました。



当日の朝、
出発前に家の前のコンビニで飲み物などを
買い出しに行った時のこと




飲み物などをカゴに入れてレジに並んでいると
男梅の梅干しシートが目に入ってきました。




「そういえば、これりさ(妻)が好きだったな!」




それを手にとった瞬間




「これのどこが美味しいんだろう!?」




そう思ったのでした。
(軽くディスり気味)





さて、
好きか好きじゃないかは価値観の違いだけということです。




よくやりがちなのが、


「それ好きなの!?アホちゃう!」


「それが好きなの!?ありえない!」


「そのどこが好きになるのか全く理解できない」


批判しちゃうことありませんか?




でも、それって本能的な反応だから致し方ないんです。




本能だから脳の機能なんです。



「自分の理解できない存在は、
 自分に危害を加えるであろう」



そんな前提に立っているんです。




そう思ってしまうのは、


決してあなたが性格が悪いわけではなくて、


決してあなたが歪んだ人間なわけではなくて、


決してあなたが小さい人間なわけではないのです。





だから、
そういうものなんだって知っておけばいいだけ!





知っていたら変な批判しなくていいよね!




あなたの好きなものも大声で言っても大丈夫ですよ!




批判されたとしてもそれはただ理解できないだけだから。




決してその人が性格が悪いわけではなくて、


決してその人が歪んだ人間なわけではなくて、


決してその人が小さい人間なわけではないのです。




そんな状況になったら

「そんなに好きなものと巡り逢えて本当によかったね!」

と言ってあげるとお互いに気持ちがいいよね!





PS

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??




投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です