200.正しさを手放すとは

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



自分らしさってなんだろう!?


最近すごく思うところです。




世の中にはサッカーに関する情報が溢れています。



僕が小学生の頃はJリーグが開幕して
TVでJリーグが中継をやっていました。



また、
「木梨憲武のサッカーだ!」
(知ってる人いるかな!?)


「ダイヤモンドサッカー」


などなどTVでの情報が多かったです。



それが劇的にインターネットの普及で
世界の情報が同時進行な形で手に入るようになってきました。



育成はこうあるべきだ!



そういった練習が望ましい!



分析ができないといけない!



あんなことも、こんなこともできないといけない!



僕は完全に何が正しいのかを追い求めて
自分が何をしたいのか見失っていました。




練習を考える時もこんな感じ、
何が正解なのかを一番に考えていました。



何を伝えようではなく、
練習の構成とか
プロがやっているメニューだからだとか、、




他人がやっていることの受け売りだから


自分の言葉じゃない


自分の中に落ちていない


深い部分にまで浸透していない



結果、練習としての質は低い、、、

何よりも終わった後に
罪悪感や自分へのダメ出ししか残らない、、、




さて、

正しさを求めすぎると
自分が見えなくなります。



正しさの裏には誤りがあります。



正しさを判断基準にすると誤りを指摘しがちになります。



そして、争いが生まれます。



「お前は間違ってる。俺の方が正しい」



それが子供達との関係だったらゾッとします!





お互いに良い関係を築いて
一緒にプレーする仲間なのに
正しい、誤りという基準にすることで
味方になったり、敵になったり、、、




正しさを手放す!




それは怖さと向き合うこと




怖さはワクワクと一緒のエネルギーです!




ワクワクする方向に進んでいきましょう!



自然と正しさを手放せているかも、、、




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です