184.前提を変えてみたら

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



うまくいかないことって生きているとたくさんありますよね。



昨日、中学1年生のサッカーの試合がありました。


相手は隣の市のチーム!


スペインで言うと
バルセロナとレアル・マドリッドの対決

「クラシコ」

と同じように僕は捉えています。

選手たちにはなんのこっちゃということですが、、、笑



試合は25分のゲームを7回行いました。



点の取り合いで7回の合計スコアが7-7でした。



6回目の試合で、ある選手が交代して戻ってきたときに
とてもイライラしていました。


僕「どうした!?」と聞いたところ


選手A「全然うまくいかくて・・・やりたいことができません」


僕「うまくいかなかったんだな、やりたいことができなかったんだな」


選手A「イライラしてきてしまって仲間にも文句を言ってしまいました」




さて、
サッカーに限らずうまくいかないことはたくさんあります。


サッカーはミスのスポーツと言われるくらい失敗が連続します。



目まぐるしく変わる状況の中で
最適の判断をすることは、
とても難しいことです。



もしかすると、
うまくいかないまま
試合が終了してしまうことだってあるはずです。




だったら、
うまくいかない前提で考えてみたらどうでしょう!


これは、
決して諦めるとか、
投げ出しているというものではありません。



これは、物事の捉え方です。



ミスのスポーツという前提で
サッカーを観ていくと
1回のミスに対する
自分の心の波が穏やかになると思います。



心が穏やかになると
次のプレーに対するハードルも低くなります。


「うまくいかせなくちゃ!」
という焦りはなくなるはずです。




うまくいく前提だと
ミスの回数の多さに対して
自分自身に対する捉え方は厳しくなります



また、
仲間のミスに対する捉え方も
自分自身に対するそれと比例します。



これではイライラしちゃいますよね、、

イライラすると
クリエイティブなアイディアは生まれません。



捉え方を変えること=前提を変える



決して諦めること投げ出すことではありません。



PS

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション

「なかなか会社の中では本音が話せないんだよなぁ、、、」

「多くの人が集まる講座の中では、自分のこと質問できないんだよなぁ、、、」

「少人数のセミナーでも自分の質問で時間を使うのはなんか罪悪感、、、」

「自分の本当にやりたいこと!? う〜ん、、、分からない!」

そんなお悩みの方いませんか?

体験セッションを通して、

あなたのお悩みが本当のお悩みでなかったことに気づけたり、

その理想の未来から逆算して、現在すぐにできることを
一緒に考えていきませんか?

ご興味ある方は下記のURLよりお申し込みください。

https://yata19830426.wixsite.com/website





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です