165.何を伝えるかより何が伝わったか

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



伝え方ってすごく大切だと思います。



あるレストランでのやりとり


シェフ
「今、お客様に出すパンをオーブンに入れて
 温めているから、見ておいて」



アルバイト
「はい!わかりました」



~数分後、オーブンから焦げたにおいが立ち込めていました~



シェフ
「パンが焦げているじゃないか!?
 何やってるんだ!?見ておいてって言ったでしょ!?」



アルバイト
「はい!だから言われたとおりに見ておきました」




ちょっと極端な事例ですかね、、



あなたならアルバイトスタッフになんと伝えますか?




シェフはパンが焦げないように見ておいてほしかった。
いい具合に焼き上がったらパンをオーブンから出してほしかった。




この2つを伝えることが必要だと僕は思いました。




さて
コミュニケーションは相手の反応が成果です。
相手が受け取ったものが100%結果になります。




どんなに完璧に伝えたと思っても、、



どんなに良い下準備して伝えたと思っても、、



こんなことは誰でも分かるだろうと思っても、、




受け取った相手がとった行動がそのコミュニケーションの成果・結果です。





伝え方で大切なのは、


「何を伝えるか」ではなく




「何が伝わったか」



「相手が何を受け取ったか」




に視点を変えることが大切です。




PS

【サッカー指導者限定】
あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング
体験セッション(先着5名無料)

あなたは10年後どんな指導者になっていますか?

それを1時間一人でお話できますか?

ご自身についてどのくらいお話できますか?

体験セッションを通して、あなたの10年後の理想の指導者像を
一緒に考えていきませんか?

その理想の指導者像から逆算して、現在すぐにできることを
一緒に考えていきませんか?

ご興味ある方は下記のURLよりお申し込みください。

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です