160.一斉指導と個別指導

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



一斉指導と個別指導



僕は圧倒的に一斉指導を受けて育ってきた。



一斉指導とは、一 対 多


「教育」や「病気に対する薬」でも同じようなことが言えるらしい!


「画一化された教育」(一斉指導)



体育の授業

「マットで前転をやろう」

みんな同じ種目を同じように順番に

まるでベルトコンベアに並んだ製品のように

規則正しくみんなで同じように

(悪いとは言ってないですよ)



そんな中

ハンドスプリング(前方倒立回転跳び)がやりたいからやっちゃう!

という子が現れると先生に怒られる。。。



だから

「じゃ君はこっちのマットで難しい技を練習しなさい」

レベルに応じてマットが敷かれるようになる

(僕の中学時代はそうでした)









「病気に対する薬」

大きい括りで見る病気に対して作られてきた薬


たとえば風邪薬

ただ市販の風邪薬を飲んだだけでは

治りが悪いなと思ったことはないですか!?




あなたの風邪の症状は



鼻風邪ですか!?

咳ですか!?

熱ですか!?




それが効かないケースが出てくる


そこで研究に研究を重ねると


遺伝子解析が進んだことで


個々に合わせた薬が開発された





鼻詰まりがひどい方用

咳でお困りの方用

熱でだるい方用






コーチングに求められる背景もそれらの教育や薬と同じです。



人は



価値観、


考え方、


行動パターン、


物事の受け取り方、


情報処理など


全てが違うからです。



VAKという優位感覚があるので、

自分の優位感覚でないものを

情報として自分に入力することはできないのです。





たとえば

エアコンのリモコンで

TVの電源を入れることはできないですよね!?



そんな感じで
コーチが全体に一方的に話しているだけでは


情報が

入っている人

入っていない人

が存在します!



むしろ入っていない人の方が多い!

という結果になってしまいます!





だからこそ

個別指導(コーチング)が重要になってくるんです!

あなたにあった情報交換

(テーラーメード・マネジメント)


一斉指導が悪い

個別指導が良い

ではなく、



一斉指導で全体像を把握させて

(もちろんVAKを散りばめながら)



詳細は

個別指導でコミュニケーションを取っていくと

伝わり方が変わると思いませんか!?





偏ってはいけないし、

バランスを取りながらがとても重要です!






僕も数年前は

一斉指導しかしてなかったな。。。

「この前言ったじゃん!」

が口癖のようだったな。。。




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です