159.違う視点からの気づき

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



コーチは良いしつもんをして共に歩む!



ティム・ガルウェイの著書にこんなエピソードが、、



テニスのレッスンプロとして活躍していた彼 : ジョニー(仮名)



スキーのインストラクターをしている友人 : ビクトル(仮名)



ジョニーがビクトルにテニススクールの子供達へのコーチを依頼しました。


ですが、
ビクトルはテニスの経験が全くありません。。。



結果はどうなったと思います!?







まさかの展開!
ジョニーより教えることがうまかったのです!
ビクトルが使ったのはコーチングです!



ジョニーは子供達に「良くボールを見て!」と言います。



ビクトルは子供達に「ボールはどんな回転をしていますか?」としつもんしたのです。





本来見えない回転を見ようとすることで、


結果として


子供達はボールを良く見ることになったのです!





さて
コーチ自身は教えるだけでなく


クライアントに


「目標を達成するために必要な知識や技術、ツールを備えさせる」


それをコーチングといいます。




専門的な知識は重要です。
しかし、それが全てではないと思います。


クライアント(今回はテニススクールの子供達)が自らの力で気づくことができれば、
専門的な知識はあればプラスにはなりますが、なかったとしても大丈夫だとあなたも気づいたと思います。


クライアントが見ている景色とまた違った視点からの言葉が気づきを加速させるんです。



【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website




投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です