158.ただ私の話を聞いてほしいだけだった

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



話を聞くということの意味を考えてみます。


最近、妻から


「話聞いてない!」


「聞いてる!?」


そんな言葉を言われます!




会社での出来事


今後のこと


娘のこと



夕飯のときに話を聞いてリアクションして
意見を求めれば回答していたので
何がいけなかったのか
わからなかったのです、、




最近、「聞く」ってどんな意味なんだろうと考えていると
僕の間違いに気づくことができました。




僕は、妻が話しているときに

「聞いている」という仮面を被り

実は、
次に何を話すかを考えていました。

さらには、
話の結果を先読みしていました。




話している妻には悩みがある。


だから
それを解決しなければいけない。


同情や共感をしなければいけない。


~しなければいけない。という
勝手な使命感を持ってしまっていました。



妻からそんなこと頼まれていないのに
僕は勝手に思い込んでいたんです。




さて
そんな思い込みをしている僕に対して

妻が

「話を聞かれていない」

という判断をするのは容易ですね、、




聞かれていないと、


焦りや不安に陥り、


孤独感を感じてしまいます。


さらには存在価値が下がったように感じます。


最終的に「大切にされていない」と感じることになっていまします。




では、
実際に話を聞いてほしいと思っている人の望みは


ただ私の話を聞いてほしい!


ということだけだったんです。




解決策・意見・結果を求めているわけではなく


ただ私の話を聞いてほしい!


ということだけだったんです。




それがより良い関係を築くために一番必要なことだったんです。





【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website


投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です