156.一番の障害は何かという視点

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


あなたが何かの成果を挙げたいと思った時に
どんな能力が必要でしょうか?


またどうすれば成果が出るでしょうか?



成果には、こんな公式があります。


成果=目標達成能力ー障害



あなたは目標達成能力と障害どちらにフォーカスしますか?



おそらくですが、
目標達成能力を高めようとするのではないですか!?



当然それがないと成果は出ませんが、
もしあなた自身にそれがあることに気づいていなかったらどうでしょう。



あなたには成果をあげるだけの能力は備わっているのだとしたら
一番の障害は何か?と考えることができます。




たとえば
鎖があるときに
切れるのはどこか?


一番弱っているところが障害になります。


やはりそこが切れてしまうわけです。


そのときに他の部分を強化しても
弱くなっている部分を変えない限り
結局その鎖は切れてしまうのです。




サッカーだとすれば

シュートが入らない

ドリブルがもっと上手くなりたい

ヘディングが強くできない

と思っているときに



一番の障害が
「体の使い方」
だったとすれば



いくらシュート練習しても

いくらドリブル練習しても

いくらヘディング練習しても



理想の状態にはならないし
逆にケガに繋がることになります。




つまり
障害は一人では気づけないことが多く盲点になっていることがあります。




だからこそ
コーチの存在が重要なんです!





あなたが課題だと感じていて
それが解決したら全て解決してしまうものはなんですか?



【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です