132.自分が忘れない、周りにも忘れられない存在になれる

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



アメリカ屈指の名門校スタンフォード大学でのある授業が行われました。



タイトルが
「記憶に焼き付くアイディア作り」



こんな流れだったそうです。


1、政府機関発行の犯罪パターンの統計資料を事前資料として渡す。



2、学生を小グループに分けてグループ内で自分の考えを1分間スピーチする。



3、グループ内のメンバーは1分間スピーチの説得力を採点する。



ここまでは普通と感じると思いますが、続きがあります。



4、10分間の休憩ということでお笑い番組を流す。



5、発表者のアイディアの中で覚えているものをたくさん紙に書きだす。






どうなったと思いますか?





学生たちは愕然としたらしいです。





たった10分前に聞いた話にもかかわらず
犯罪パターンの統計について思い出せた数は、


約2.5個


さらに約2.5個を思い出せた学生は
全体の5%でした。





しかし
思い出せたものがあります。




それは、


「物語(エピソード)」


でした。





自分のスピーチの中に
個人的な想いや人間味溢れるエピソードを
披露してくれたメンバーの話を
再現してくれた学生は
なんと63%もいたのです。





そうなんです。
人は漠然とした情報は忘れてしまい
物語やエピソードを覚えているのです。






物語やエピソードを聞くことで
あなたの感情は無意識のうちに
揺さぶられています。
感情が動くことは共感や反感などです。





あなたの心地いいと感じたもの

あなたが反発心を感じたもの

あなたの見解が自然と出てきたもの





というものは脳が覚えておこうとするのです。





その素敵な機能を使って
あなたが忘れないようにしたり
あなたの周りの人に忘れられない存在にもなれるんです!



【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です