120.当たり前を当たり前でないレベルで!

Pocket

こんにちは。


谷田部です。




新しいことを始めたい!

起業したい!

成果をあげたい!



そんなこと思った時に
なかなか1歩が踏み出せなくて
行動できないときってあります。




その原因がズバリ

1歩が大きすぎるから!です。




日々進めるのはほんのわずかな距離です。

だから1歩と言わず


0.1歩でも


0.01歩でも


日々前進することが成功に繋がるんです。





アメリカの航空会社
コンチネンタル航空には
最悪の黒歴史がありました。



定時到着率

手荷物紛失個数

乗客10万人あたりの苦情件数



がいずれもワースト1位だったそうです。




噂では
「コンチネンタル機に乗れば
 どこに連れて行かれるか分からない」
とまで言われていたらしい、、




しかし
わずか1年で奇跡が起きるんです。




翌年には、
最も株価の上がった会社に贈られる
ストック・オブ・ザ・イヤーを受賞



翌々年には、
最も顧客満足度の高いエアラインに贈られる
J・D・パワー賞の受賞したのです。




3つの部門でのワースト1位から
どんな魔法を使って会社を再建してきたのか!?





定時運航数を
測定し始めたことから始まります。
(決まった時間に出発して、決まった時間に到着できた数です)





日本人からすると



「そんなこと!」

「それって普通じゃない!」

「当たり前でしょ!」



と思われた方が多いと思います。






さて、そこなんです!


大きな成果を出すには、
何か難しいことに挑戦しなければいけないと
思い込んでいる部分があります。





当たり前のことを当たり前でないレベルで徹底する!





早く変化したいからと
難しいことだけを自分に課して前に進めますか?




なかなか1歩が踏み出せないと

諦めてしまったり、

自分には能力がないと自信をなくしたり、

他者と比較して自分を見失ったり、



そうなってしまっては本末転倒です。




まず
あなたの当たり前にできることから
それを徹底してみませんか。





【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website







投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です