113.悩みや迷いのメカニズム

Pocket

こんにちは。



谷田部です。




ある日のサッカースクールでの出来事



試合中に
選手Aくんが
ゴール正面7mくらいのところで
ボールを受けました。




その選手Aくんは
自分の正面から相手選手Bくんの
プレッシャーを受けています。




選手Cくんは
選手Aくんの味方で
相手選手Bくんのプレッシャーが見えたので、
ゴール前で
フリーになれるポジションをとり、
シュートできる状態を作りました。




Aくんは
Bくんをドリブルでかわしてシュートする
という判断をしました。




結果、
Aくんは
Bくんのプレッシャーを受けてしまい
シュートには至りませんでした。




そのとき
Cくんは、

「なんでこっちにパスしないんだよ!フリーだろ!」

(フリー:相手選手に邪魔されないプレーしやすい状態のこと)




Aくんは
「分かってるよ!自分でいった方が早いと思ったんだよ」




試合中にはよくある光景です。






この2人の共通の目的はなんでしょうか?



分かりますよね!?




「試合に勝ちたい!」です。




同じ「試合に勝ちたい!」という
目的なのにケンカしてしまうんです。




さて、
これってあなた自身の中でも
起きていることです。





たとえば
あなたの中には
リトルあなたが数人存在するのです。





ケンカは絶対にしない方が幸せだよってあなた



ケンカは多少した方が幸せだよってあなた



ケンカはあんまりしない方が幸せだよってあなた



ケンカはどんどんした方が幸せだよってあなた






それらのリトルあなた達の共通していることは、
あなたを幸せにしたいって思っていることです。






あなたの中のリトルあなた達が
本体のあなたを幸せにするために
わちゃわちゃ頑張るんです。






それが
悩みや迷いの原因なんです。





だから
悩みや迷いがでた時は
あなたの中のリトルあなた達が
わちゃわちゃしているって思ってみてください。





あなたの中で
どんなリトルあなた達が
あなたを幸せにしようと
頑張っているのかと
受け入れてみてください。






【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website




投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です