112.高いハードルの先には!?

Pocket

こんにちは。



谷田部です。



あなたの才能に気づくには、



他人と比べて否定していること



自分でダメだと決めつけていること



に隠れています。



今回は
こういう見方もできるので、
それも紹介したいと思います。




それは、

「そこまでハードルを上げる必要ある?」という分野です。




たとえば
人と会食をする時に
話が上手な人っていますよね?



その人って以外にも


「自分はトークが苦手なんだよね!」


「話がつまらないんだよ!」


と言っていたりします。





僕は

「そんなことないじゃん!」

「話にいつもオチがあってすごいけどな、、、」
(僕は本当に思っているですが、、)


って思っていて
その人によくよく話を聞いてみると





「そうじゃないんだよ、、」




「さんまさんみたいにオチと笑いが同時に欲しいんだよね!」




と言ってるんですね!








「え!?」








「比べる対象そこですか、、、?」







そこと比べていたら苦手になるよな、、






数々の芸人さんがいる中でも
その域にいる人ってわずかで


そうなりたい!


ってテレビの世界で頑張っていて




そんな世界の人と比べていたのかぁ、、、





実際に自分がおもしろいと思っていないと
そこと比べないですよね、、





そもそも才能がない分野で
人と比較することってないですよね!






だから
その人は無意識に
高いハードルを自分に課してるのです。




あなたも
そういう部分に目を向けてみると
自分の才能に気づけたりします!




よくよく考えてみて
あなたも高いハードルを課しているものありませんか?




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です