45.個性の正体は◯◯だった!?

Pocket

子供たちの感情を揺さぶり共に成長する育成年代サッカーコーチ谷田部です!

皆さんからはヤタさんと呼ばれています!

しばらく更新できていなかったのですが、これからまたスタートします!

今回は子供達の個性の正体についてです。

個性って「他の人とちがった、その人特有の性質・性格。個人の特性。」という意味らしいです。

例えば、

チャレンジ精神・好奇心旺盛な子、

見たものがすぐにできてしまう子、

粘り強くやり遂げられる子、

心の中に強い意志を持っている子、

ニコニコ笑顔がとても素敵で周りから親しまれる子、

でも、これらは良さであってさらに伸ばしてあげたいポイントですね!

多くの親御さんはこういった部分ではなく親御さんが理解できない部分に頭を悩ませていると思います。

例えば、

話を聞いているときにキョロキョロしちゃう(話を聞いていないのではないか!?)

怒られている時もニコニコしちゃう(本当に分かっているの!?)

お友達が遊んでいるおもちゃを取り上げちゃう(借してって言えないのかな!?)

初めての場所でお母さんから離れらない(行く前は張り切ってたのにどうしちゃったのかな!?)

すぐに文句を言って行動できない(何が不満なのか分からない!?)

挙げればキリがないですよね。各ご家庭にそれぞれの問題とされる部分があると思います。

子供達は問題行動ばかりじゃないですよね?もちろん素晴らしい部分も持っていますよね!

個性の正体って生まれ持った『気質』というものなんです。

親御さんにもその気質は存在します!子供達にも存在します!

それは遺伝性はなく親御さんと子供達で違う場合もあるし、同じ場合もあります。

多くの場合違うから問題行動が気になってしまうんですね!

では、その気質についてある程度種類分けできたら個性を少し理解できそうじゃありませんか?

ストレスが少し減らせれば問題行動にも頭ごなしに「ダメ」ではなく、それを子供達の生きていくための経験にできそうじゃないですか!?

では気質についてはまた明日!

サッカースクールクラッキのお得な情報やブログの更新などをお知らせいたします! 

ぜひご登録お願いいたします! 

https://line.me/R/ti/p/%40aol1672h


投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です