35.問題が起きたときに◯◯と言っていませんか?

Pocket

私たちはある問題が起こったときについつい思ってしまうことがあります!

例えば、サッカーの場面では目の前に相手がいるのに目の前の相手にパスしてしまったり、ゴール前で相手がいない状態でシュートがゴールの枠から外れてしまったり、そんな時コーチはこんな思いになったことありませんか?

「なんで?・・・相手にパスするんだ!フリーじゃないか!」などなど

普段の生活でもパパさんが靴下をいつも脱ぎっぱなしにする、子供がおもちゃを片付けることができないなど普段からちょっとした問題があるとお母さんはこんな思いを抱いたことはありませんか?

「なんで?・・・靴下を洗濯機に入れられないの!おもちゃを片付けられないの!」などなど

なんで?は原因追求になってしまうので解決にはほど遠くなります。また、「なんで?」と聞かれると受けた側は恐怖感を抱き、反発したり、一時的に解決してもまた同じような問題を起こすこともあります。

では、おもちゃを片付けられない場合には

「一緒にお片づけしよう!」「どっちが早くお片づけできるか競争しよう!」

そして最後に

「じゃ今度はどうすればいいかな?」

すぐにはできないかもしれませんが、しつもんをされると自動的に考えるのが人間です。未来に焦点を当てることが問題解決の糸口になっていきます。

LINE@始めました!

クラッキのお得な情報やブログの更新などをお知らせいたします! 

ぜひご登録お願いいたします! 

https://line.me/R/ti/p/%40aol1672h

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です