32.人には優位感覚があります

Pocket

人が情報を知覚する際に、人それぞれに得意とする感覚があります。

その得意な感覚を「優位感覚」と言います。

子供達に何かを指導したりするときにその優位感覚に合わせてサポートすると学習効率が上がります!

感覚とは五感のことです!味覚、嗅覚 、視覚、聴覚、触覚です。

この五感を3つに分類することができます!

①視覚優位(Visual)

②聴覚優位(Auditory)

③体感覚(触覚、味覚、嗅覚)優位(Kinesthetic)

これらの優位感覚を知ることでその感覚に応じた言葉かけで優位感覚に働きかけることでコーチと子供達のコミュニケーションをスムーズにすることができる!

この理論は3つの頭文字をとってVAK理論と言います。

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です