21.コミュニケーションの実際

Pocket

クラッキ メラビアンの法則

今日はコミュニケーションの実際について

コミュニケーションの成果とは?

「相手の反応」です!

コミュニケーションの目的は?

「伝えること」です!

コミュニケーションの結果は?

「相手の出した反応」

何を話したかではなく!

「どう伝えたか?」「どう伝わったか?」

コミュニケーションの印象を決めるのが何かわかりますか?

①「表情 態度」55%

②「声のトーン」や「リズム」38%

③「言葉」7%

自分が伝える側であれば

話す前に受け手は話し手の「表情や態度」でもうすでに何を話しをするのか

分かってしまうといっても過言ではない!

さらに話し始めると声のトーンや態度で良い話か悪い話か分かってしまう!

逆も然りです。

子供達が言葉で伝えていることは

実際の1割にも満たない

表情や態度に気づいてあげることが

コミュニケーションのスタートだと思います

例)    子供達の前で腕を組んで眉間にしわを寄せて「ナイスプレー」「いいぞ」

「素晴らしい」さてこの褒め言葉は褒め言葉になるでしょうか?

これはメラビアンの法則と言います!

「何を話したか?」ではなく「どう伝えたか?」「どう伝わったか?」

に意識を向けてみましょう!!

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です