232.目の前の問題はダミーなり

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


頭を使いすぎてヘトヘトです。


昨日は、コーチングを学びに
都内のセミナーに参加しました。


国際コーチング連盟マスター講師による
コーチングのいろはを学びました。


ワーク形式のセミナーだったので
毎回のワークではとても学びが多かったです。


僕が一日を過ごしての一番の学びは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クライアントさんの目の前にある課題や悩みは
本当の課題や悩みではなかった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


先日、中学1年生の練習試合の時


試合に出場した選手が試合終了後にふさぎ込んでいます。


コ「どうしたの?」


選「僕のところにボールがこないんです」


コ「ボールがこないのか、、、
  でも全くボールがこないわけじゃないでしょ~
  ボールがきた時はどう?」


選「ボール持ちすぎてるかなって思います」


コ「本当に!?コーチからはそんな風に見えないよ」


選「だってボールをぶつける回数が多いんです」


コ「じゃぶつけなかったらどんなプレーできてる?」


選「あんなこと、こんなことができます!」


コ「じゃそれをするために何がいちばん大切?」


選「まわりの状況を観る!」


コ「具体的にまわりって何を観ること?」


選「相手!」


コ「じゃそれ次意識してやってみたら!」



こんなやりとりをしました。


結局最初の自分のボールがこないというところが悩みではなかったんです。



これは日常生活や仕事の部分でも言えることです。


顕在化している(意識できている)部分は
あまり重要ではなく、
その奥にある潜在的な(意識できない)部分に
問題を抱えていたりするんですね。



コーチは選手に寄り添うことだけでなく
俯瞰してどんな問題があるのかを可視化させることも
重要な能力の一つなんです!



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??






  






投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です