222.楽しむとは!?

Pocket

こんにちは。


谷田部です。




「何回言ったら分かるんだよ」


「同じこと何度言わせるんだよ」


この言葉を聞いて、どんなことを想像しますか?


僕は確実にこの言葉を選手に言っていました。


なんとも情けない過去の失敗です。





練習や試合では、ミスはつきものです。


それは分かっているのに、、、


何度も何度も同じようなシーンでミスを続けてしまう選手に対して


とてもネガティブでした。




その時、大体言っているは、


「この前、練習でやったじゃん」


「この前、練習で伝えたじゃん」


そんなこと言っています。




以前と同じ伝え方で伝えていたのです。



以前と同じ言い方では伝わらないはずなのに、、、




(僕は練習で伝えたのだから、
 分からないのはあなたが悪いんだよ)
「この前、練習でやったじゃん」


というカッコ内の言葉も含めて選手に伝えていたのです。




明らかにイライラしながら指導していました。




選手に伝える前から、もうすでにイライラしていたのです。




イライラすると体も心も固まってしまいます。
それでは思考はできません。



だから、同じ言い方しかできなかったのです。





さて、千手観音像をご存知でしょうか?



では、なぜ千の手があるのでしょうか?



千手観音像を拝むと千の手で救ってくれるからでしょうか!?




それは、



「あの手この手で問題を解決する方法がある」



ことを教えてくれているのです。




この伝え方でできなかったのなら、
次はあの伝え方で試してみよう。




あの伝え方でできなかったのなら、
次はこの手で伝えてみよう。




そんなことが誰にでもできるんですよ!
と教えてくれているんです。




でも、
1つの伝え方でできないとイライラして
相手を無理に変えようとしてしまう。


それではまた同じミスは起きます。



イライラしたら次の手は出てきません。



イライラしている時は、手足が縛られた状態だと思うと分かりやすいです。



手足が縛られた状態では、自分も不自由な状態で最良の状態を保てません。




だからこそ、


【相手がどうしたら分かるようになるのか】



まるでゲームをしているような感覚で


「楽しむ」


ことが大切なんです。




「楽しむ」とは、


うまく伝えられない自分


うまくできない相手


を許すことから始まるのです。




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です