214.見える環境にすること

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


月曜日と木曜日、
僕の住んでいる地域では燃えるゴミの収集日です。


その日になると
朝から燃えるゴミの回収をして
8時までにゴミ出しをします。



まずダイソンをかけて
部屋中のホコリを吸引してもらい、



各部屋のゴミ箱のゴミを回収、
そして生ゴミの回収に入ります。



その時事件は起こるのです。



その時だいたい冷蔵庫の野菜室で
眠ったままのりんごが傷んだ状態で見つかります。




「あ~また食べれなかったね~」




とてももったいないことをしたなって
いつも後悔します。


これをなんとか減らしたいと
試行錯誤して行きついた結論が、、、



いつも見える場所に置くでした!




食事用のテーブルの上に
りんごを2~3個カゴに入れて置いておくと



「そろそろ食べなきゃ!」



と腐らせる機会はなくなりました。




さて、
習慣の第一段階『はっきりさせる』の
2つのポイントのうち2つ目は



環境を作ることです。




りんごはいつも冷蔵庫の野菜室で
見えないところにありました。



それは完全にりんごの存在を忘れてしまっているんです。



人間は忘れる生き物。



自身の生命に関係するもの以外は
忘れるようにインプットされています。



だからこそ
見える状態にすることで
その存在にいつも気づく状態を作っておくことが大切なんです。




あなたが見える状態にしておきたいものはなんですか?



「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??





投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です