175.ひとり言の影響

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



あなたは毎日約4~6万回やっていることがあります!


いったいそれはなんでしょうか!?


それはね、、





「ひとり言」





なんです!




「はい、絶対にそんなにない!」

「そんなに言ってる記憶ない!」

「そんな感覚ない!」

と思ったそこのあなた!



そこが難しいところなんです!



人間の意識は大きく2つ
顕在意識と潜在意識



顕在意識とは意識できるもの


潜在意識とは意識できないもの


と分けられます。




ここで今のあなたを創り出しているのが潜在意識なんです。



意識できる部分が自分を創っていると勘違いしやすいですが、、



潜在意識は
どんなことに影響を受けるかというと
普段あなたが感じている感情や物事に対する捉え方です。




普段からネガティブな感情や捉え方が強いと
ネガティブな情報が潜在意識に溜めれていきます。



逆にポジティブな感情や捉え方をしていると
ポジティブな情報が潜在意識に溜めれていきます。




ここでひとり言に戻ります。



もし、ひとり言の割合がネガティブなものが多かったら!?



では逆だったら!?




もうお分かりですよね。



ネガティブもポジティブもあなた自身で選んだ結果なんです。



つまり意識的に使うひとり言を変えることで
あなたの感情・捉え方も変わっていくんです。



あなたの周りでありがとうと言えること、言われること


あなたの周りで感謝できること、されること


あなたの周りでツイてること



そんなこと意識的に探してみるとポジティブなひとり言が自然と出てくると思いませんか?



ありがとう!感謝!ツイてる!


探してみましょう!




PS

【サッカー指導者限定】
あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング
体験セッション(先着5名無料)

あなたは10年後どんな指導者になっていますか?

それを1時間一人でお話できますか?

ご自身についてどのくらいお話できますか?

体験セッションを通して、あなたの10年後の理想の指導者像を
一緒に考えていきませんか?

その理想の指導者像から逆算して、現在すぐにできることを
一緒に考えていきませんか?

ご興味ある方は下記のURLよりお申し込みください。

https://yata19830426.wixsite.com/website

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です