173.小さな変化が大きな変化に!

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



ペイフォワードという映画をご存知でしょうか?


僕の大好きな映画の一作品なんです。


主人公のトレバー
(ハーレイ・ジョエル・オスメント君)は、
中学1年生です。



学校の社会科の授業で
「世界を変える方法を考えて、それを実行してみよう」
という内容でした。



トレバーは他の生徒が文句を言っているのを横目に
ある考えを思いつきました!



それが
「ペイ・フォワード」



具体的には
一人が3人に何か善いことをします。


善いことをされた3人が
それぞれ他の3人に善いことをします。


そうすることで


3人が9人に


9人が27人に


27人が81人に


81人が243人に


どんどん増えていきますね!



善意の連鎖が起きていきます。



その結果世界がよりよく変わるというものなんです!




中1でそんなこと考えつくのすごいなと思ったのを思い出しました!


最後まであらすじはお話ししませんが、最後まで見ると衝撃の結果になります。
オススメです!




さて、
この映画から僕は恩送りの重要さを伝えたいのではありません。



小さな変化が大きな変化を生むといういうことです!



映画では、
最初は自分の周りの3人に善いことをする
という小さな行動からのスタートです!



それがどんどん広がっていくと世界を変える大きな力を生み出したのです!




それが、


あなたがしているお仕事だったり



あなたが日々行っている情報発信だったり



あなたの些細な行動だったり



どれも些細な小さなことです!



でも、その中に何か変化を引き起こす
可能性が常にあるんです!




トレバー君の映画の中での言葉を最後に送ります。


 「“次へ渡せ”が広まったのは
  ママのお陰だよ。
  でも中にはとても臆病な人たちもいる。

  変化が怖いんだ。
  本当は世界は思ったほどクソじゃない。

  だけど、日々の暮らしに
  慣れきった人たちは
  良くない事もなかなか変えられない。
  だからあきらめる。

  でも、あきらめたら負けなんだ」




あなたのどんな些細な行動でも
必ずこの世界へよりよい影響を与え続けています!



あきらめないで!



PS

【サッカー指導者限定】
あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング
体験セッション(先着5名無料)

あなたは10年後どんな指導者になっていますか?

それを1時間一人でお話できますか?

ご自身についてどのくらいお話できますか?

体験セッションを通して、あなたの10年後の理想の指導者像を
一緒に考えていきませんか?

その理想の指導者像から逆算して、現在すぐにできることを
一緒に考えていきませんか?

ご興味ある方は下記のURLよりお申し込みください。

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です