162.アウトプットからの学び

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



よくインプットとアウトプットのバランスを大切にしなさいと言われています。



では、どのくらいの割合がいいのでしょうか!?


5:5


7:3


僕はこれじゃなきゃいけないという方法はないと思います。


でも、質の高いアウトプットをする人で
インプットの量が少ない人はいないでしょう!



どんな世界でも結果を出す人は、人一倍努力していると言えます。




最近、コーチングの勉強をしていて
アウトプットが大切だと書いてあります。



それはなぜか!?




「パラクラインとオートクライン」の関係があったからです!




「アイディアは一度外に出さないと認識できない」
からです!





パラクラインとは!?

Aという細胞が情報を発信し、

Bという細胞のリセプター(受信器)が

それをキャッチすること







オートクラインとは!?

Aという細胞が情報を発信している時、

Aという細胞は自分でリセプター(受信器)を出して

自分の発している情報を自分で受信すること





簡単に言うと



AくんがBくんに

あるアイディアを伝えているとします!



その時に

BくんはAくんのアイディアをキャッチ

(パラクライン)



AくんはBくんにアイディアを伝えながら

Aくんは自分のアイディアを自分でキャッチする

(オートクライン)





そうすることで


自分の思考やアイディアを整理できます。


自分の思っていることにも気づけます。




僕も学んだ知識を
サッカーの指導現場で子供達に伝えたときに
うまく伝えられなかったことが多々あります。



情報としてインプットしたことは
ノートにもまとめられて
ポイントも整理されて
万全の状態のはずなんです。



でも、
アウトプットした時は
悲惨な状況だったんです。



伝えたいことの1/3も伝えられていませんでした。



アウトプットを通して
自分の現状の理解度が分かりました。


それと同時に
自分が次にどうやって伝えていけばいいかヒントももらえます。




あなた自身も気づけなかったことに、、


アウトプットを通して発見してみませんか?





P.S
【サッカー指導者限定】
あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング
体験セッション(先着5名無料)


あなたは10年後どんな指導者になっていますか?


それを1時間一人でお話できますか?


ご自身についてどのくらいお話できますか?


体験セッションを通して、あなたの10年後の理想の指導者像を
一緒に考えていきませんか?


その理想の指導者像から逆算して、現在すぐにできることを
一緒に考えていきませんか?


ご興味ある方は下記のURLよりお申し込みください。


https://yata19830426.wixsite.com/website








投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です