136.どのルートでもいい!

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


実は、
ディズニーランドに行くのが
けっこう楽しみなんです!



夢があるからですかね!
あの空間に行くと気持ちが上がります。



僕は結婚してから車を買いました。
以前は電車で行くのが常だったのですが、
現在は車で行っています。




と言っても
ペーパードライバーの僕は、
どうしても首都高が怖いです。


なので、
ディズニーランドに行く時も下道で行っています。
(なんとも情けないお話ですが、、)




さて、
ディズニーランドまで行くのに
首都高を使うしか選択肢がなかった場合は
首都高を使うでしょうが、そうではありません。




どの道を使っても
ディズニーランドには行くことができます。



ある意味好みなんです。



目的地さえ見失わなければ・・・





これは幸せや成功を手にすることにも
つながっていると思います。




どんなやり方をとっても
やり続けていると幸せや成功は掴めると思います。




でも、幸せや成功はなかなかイメージができなかったり、
どこがゴールなのか明確でなかったりすることで
進むべきを道を見つけて歩き出したのに



「あれっ!この道違うかも。。。」



「こっちじゃなかったな。。。」




などと来た道を引き返してしまうことがあります。





さらに別の道に進んだ時に





「こっちの道じゃないよ!」




と他の人から言われると
さらに軌道修正をしなければいけなくなる。





一度行ったところを行ったり来たり
これでは目的地にはたどり着けません。




このような状態が「迷う」とか「悩む」という状態です。





一度ゴールを明確にしてあなたの好きなルートで進んでいけばいいのです。




【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website



投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です