62.コミュニケーションを学んだある出来事

Pocket

13年前の小学校のグランドでの出来事。

そのチームは週末に練習や試合を行う少年団のチームでした。

僕が担当していた学年の子たちは、練習時間より30分いや1時間前から
グランドに来てボールを蹴っているいわゆるサッカー馬鹿
いやいやサッカー大好き少年達でした!

その学年の中にいつも遅刻してくる子がいました。

いつも遅れてくるのにグランドには眠そうな目をこすりながらゆっくりした足取りで歩いて来ます。

当時の僕はそんな態度が許せなかったんでしょう。
イライラしていました。

その子が悪びれることなく
自分の前を通り過ぎ
何事もなかったように
練習に入ろうとしているのです。

僕は「何か言うことはないのか!?」

その子はびっくりした表情で何も言いません。

僕はもう一度同じしつもんをします。
「何か言うことはないのか!?」

その子の表情はどんどん暗くなり目線もどんどん下がり目も合わなくなりました。

さらに同じしつもんを繰り返すとその子はついに泣き出してしまいました。

さて、コミュニケーションの目的は

「伝えること」です。

コミュニケーションの結果は

「相手の出した反応」です。

さらに

コミュニケーションの印象を決めるのは

「表情・態度 55%」

「声のトーン・リズム 38%」

「言葉 7%」

つまり、受け取る側は話を始める前から表情や態度で何を話すのか分かってしまうのです。

全然コミュニケーションになってない!

その子からすると
僕の存在は、めっちゃ恐かっただろうなって反省しました

特に日本人は
「空気を読む」スペシャリストだと
思うので、注意したいところです。

何を話したかではなく、

どう伝えたか?

どう伝わったか?

です。

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です