38.子供達は◯◯のプロ!!!

Pocket

子供の感情を揺さぶり共に成長する育成年代サッカーコーチの谷田部です!

みんなからはヤタさんと呼ばれています!

今日は子供達の驚くべき能力についてです!

昨日のスクール活動中にある選手からこんな声をかけられました。

子供「コーチ、月曜日と水曜日で履いているシューズ変えてるでしょ?月曜日は白が多くて、水曜日は黒が多いよね。」

自分「よく見ているね!実はそうなんだよ!砂のグラウンドと人工芝のグラウンドで靴を変えているんだよ。」

正直、びっくりしました!本当によく見ているなと感心しました。

今日の〇〇は、まねです!モデリングとも言います!

モデリングに必要なことはまずよく観察することです!指導者は常に子供から見られています。自分がやってほしいことができないのは子供の責任ではなくまず指導者自身が正しい行動を見せることから始めてみてはどうでしょうか?

もちろん一回見ただけでできないものもあります。それは繰り返し繰り返し正しい行動を見せていくことが大切なのではないでしょうか?

朝の挨拶を子供たち自身から言えるようにしたいならば「挨拶をしなさい!」と強制するよりも大人から笑顔で挨拶していけば時間は個人差があると思いますが自ずと挨拶できるようになるのではないでしょうか?

今日も「こんにちは!」と笑顔で挨拶して指導スタートします!

LINE@始めました!

クラッキのお得な情報やブログの更新などをお知らせいたします! 

ぜひご登録お願いいたします! 

https://line.me/R/ti/p/%40aol1672h

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です