25.ミスを減らすためには?

Pocket

クラッキ 考える人

ミスの8割は知覚と判断が原因だとお伝えしました。

逆を言えば実行のミスは2割です。正しい知覚と判断を基にプレーしていなければ実行は成功しにくくなります。

目に見えるミスだけを追ってしまうとミスの根本が見えないことがあります。

では、知覚と判断を鍛えていくためにどうすればいいのか?という部分です。

サッカーでは「見る」基準があります。

サッカーには3つの状況があります!それぞれで見るものが変わってくるのです。

①自分がボールを持っていないとき

②自分にボールが転がってきているとき

③自分がボールを持っているとき

サッカーをやっていて見なければいけないものはなんでしょうか?

ボール・相手・味方・ゴール・スペース・他にはありますか?

では、3つの状況に見るものを当てはめていきましょう!

①ボールを持っていないとき・・・・相手、味方、スペース

②自分にボールが転がっているとき・・・・相手

③自分がボールを持っているとき・・・・最も優位な味方

ボールとゴールは見なくていいのか?となりますよね。そこで重要なのが間接視野です。視野の中心になくても認識できているものです。例えば、テレビを見ていてもテレビの周りに置いてあるものを認識できていますよね。

見る基準を基に子供達がどのようにプレー選択をしているかでミスの所在がわかりやすくなってきます。

LINE@始めました。

サッカースクールクラッキのお得情報やブログ更新情報をお伝えしています。

お気軽にご登録お願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40aol1672h

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です