276.“聞く”と“聴く”

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


先日、中学1年生の公式戦がありました。


試合前のミーティングは、とても大切な時間です。



指導者として選手達に


落ち着いた状態で話を聞いてもらえる時間だし、


選手達と会話しながら意見交換できる最後の場だからです。



ミーティングで実際に行っていることは、



ざっくり言うと、、、



子供達と挨拶して顔色のチェックをし、


今日の相手の簡単な特徴を話し、


先発メンバーを伝え、


試合のプランなどを伝える。



こんな流れでミーティングをしています。




その日は、
ミーティングが終わった後、ある選手が・・・



「コーチ、あの場面なんですが、
 ああで、こうで、こっちの方がいいんじゃないでしょうか!?」



と選手目線の話をしてくれました!



なかなか日本の選手は、
指導者と選手は主従関係になってしまい、
選手は指導者のYESマンになっていることが多いのです。



大人の社会でも多いと思います。
(僕自身も上司に何か言われたら・・・
 きっと「はい」と言っていると思います)



そんな状況を打破して言ってきてくれた選手に


僕はすごく嬉しい気持ちになり、


「じゃ、そうしてみよう!」


と彼の意見を採用して任せることにしました!



試合は、負けてしまったのですが、、、
(負けは僕自身の責任なので、これから改善します)


これからもっとそんな選手が増えて
試合を選手達自身でマネジメントできるような
主体的な選手になってほしいと思っています。



さて、
そういった選手達と関係を気づくためには、信頼関係が必要です。



信頼関係を築くために必要なことが



選手の話を『聴く』ことだと思います。



「聞く」ではなく、



『聴く』の方です!



この違いが分かりますか!?




「聞く」は、耳に情報が入ってくるという意味の聞くです。




では、
『聴く』は、全身で五感をフルに使うという意味の聴くです。




普段の何気ない会話の中でも


子供達から


「この人話を聴いてくれているなぁ」


そんな風に思ってもらえないと、、、



本音を伝えたい!


心の底から、この人に話したい!


この人の意見を聞きたい!


・・・とは思いません。



信頼とは、


聴く力の積み重ねが生み出すんです!





あなたは普段、「聞く」と『聴く』
どちらを使っていますか!?




明日は、そんな『聴く』ための方法を
お伝えしますね!



あなたにとって素敵な今日をお過ごしくださいませ!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です