202.成功する人は・・・

Pocket

こんにちは。


谷田部です。


ガンバ大阪の取り組み。


コロナウイルスによる


中断期間・無観客試合などの影響を受け、


スタジアムにサポーターが足を運べなくなった現状から


どのようにお客様を集客するのかという


新たな取り組みにとても興味をもちました。





それがざっくり言うとこんな感じです。



ガンバ大阪ではこれまで、


カスタマージャーニーを


「スタジアム来場に向けた“一本道”」


と想定しており、


それにともない商圏もスタジアム周辺に限定されたものだった。


しかし、
それが実現できない状況となり、


それでもファンやサポーターに楽しんでもらえる


何かができないかと考えたときに、


デジタルを活用したコンテンツの配信やオンラインでの


選手とファンの交流会などを開始した。





こういった取り組みは素晴らしいと思います!




Jリーグの各クラブが
このように現状から
できるアイディアを出し合い
さらに成長戦略を掲げて取り組んでいく姿勢は
Jリーグの大きな成長に繋がると思います。




さて、
注目したいポイントはこの取り組みではなく、
ガンバ大阪の集客イベント・デジタルマーケティング担当課長の竹井さんが
この問題に直面した時のマインドなんです。



彼は、こう言います



「きっかけはCOVID-19の影響で
 試合が開催できない期間が続いたこと」



「それを新たな成長曲線を描くチャンスと捉え、
 様々な取り組みを展開している」




集客イベントなどは
全てスタジアムに人を集めること、
そのスタジアム周辺に人を呼ぶこと
が一番の目的だった。




現状、
コロナウイルスの影響でそれができない状況になり
その現状に悲観するわけではなく、従来の目的に固執するのではなく
逆にそこを新たな成長曲線を描くチャンスと捉えたのです。




同じような事例で言えば


緊急事態宣言下、子供達は学校に行けません。



その中で一部の先生は
オンラインでの授業をいち早く取り入れ
試行錯誤しながらも子供達の教育に尽力しました。



「子供達が学校に来れないから授業ができない」
という解釈を打ち破ったのです。



このように現状下周りと違うことをやるのは、



とても勇気がいること



失敗するかもしれないというリスクがあること



周りからは白い目で見られ批判されるかもしれないこと




そう考えると現状にとどまりたくなります。




でも、
それに打ち勝ち
行動を起こしているあなたには
明るい未来が待っています。




成功する人はいつも周りの人と
逆の行動をとっている!




「たった2〜3分で日常を楽しくするメルマガ」

https://maroon-ex.jp/fx136624/qKZ5Id

一緒に違った視点から日常を見てみませんか??




投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です