141.成長の正体!

Pocket

こんにちは。


谷田部です。



心・技・体という言葉を聞いたことがあるでしょうか?


僕はそれを痛感させられる経験をしました。



高校のインターハイに出場した時です。
その時は熊本県で行われる大会でした。



夏の熊本は非常に暑かったです。

初戦は、四国チャンピオンの高松商業高校
2回戦は、ホストチームの熊本国府高校
3回戦は、その大会準優勝の藤枝東高校



今思えばとても良い経験でした!

ですが、
3回戦の藤枝東戦はとても印象に残る試合でした。



結果で言えば、、惨敗、、、
0-6でした。



相手にはJリーグの強化指定選手や内定選手も多数いて
とても強いチームでした!
その中には、日本代表の長谷部選手もいました!



前半だけで0-5
なんとも情けない試合になってしまいました。



後半はあまり覚えていなくて
終わった時には頭がクラクラして熱中症のような状態でした。




さて、
心・技・体なぜこの順番なんでしょうか?



心とは、自分の心のあり方や考え方だと思います。



自分の心が落ち着いていない状態(不安を抱えている)



考え方が偏っている状態



そんな状態では、
使う技術、これから身につける技術は変わってきます。



体はスムーズに動きません。





当時、僕たちは勝つことがすべてだと思っていました。
勝つためにただ練習(行動)していただけでした。




練習することで技術は磨かれるかもしれません。

でも、心のあり方・考え方によって

どんな技術を使って、

どのように体を使っていくのか

が抜け落ちていたのです。




スラムダンクでも
安西監督が山王工業戦のハーフタイムで



「技術も・・気力も・・体力も・・持てるものすべて、
 すべてをこのコートにおいてこよう」



この言葉は心・技・体をすべて表現したものです。




うまくいくこと、
いかないこと、
勝つ、
負ける、
成功、
失敗、
など




それら中で
あなたの持つエネルギーを
あなたの持つ心・技・体に
均等に注ぎ込むことが
変化につながります!




その変化が、成長の正体です。


【サッカー指導者限定】

あなたの理想の未来をデザインする

フューチャーデザインコーチング体験セッション(先着5名無料)

https://yata19830426.wixsite.com/website

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です