60.ダメ出しは意欲の産物

Pocket

育成年代サッカー指導において子供たちの感情を揺さぶりサッカーを主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供するサッカーコーチ谷田部です!皆さんからはヤタさんと呼ばれています!

もし、あなたがオフィスに入った時写真のような光景が飛び込んできたらなんておっしゃいますか?

あなたが上司だったら「みんな何ふざけているんだ!?」

あなたが同僚だったら「何してるの!?何かの儀式!?」

あなたが新入社員だったら「おはようございます。僕も被ります!」

全く何事もなかったように席に座り仕事を始める人は2万%いません笑

何が言いたいかというと人間は相違点を探すようにできているんです。大昔人間の祖先はこの機能があったから生き延びてこれたんです。この機能がなければもう死んでいて今の僕たちの存在はありません。大昔は生存欲求や安全欲求が満たされることはありませんでした。だからこそちょっとした変化や違いに気付くセンサーが磨かれた種族が生き延びたのです。

そんなふうに考えるとダメ出しは祖先の産物でもあると言えますね。。。

でもダメ出しを続けるとどうなりますか?結果は分かりますね!?

でも、こんな捉え方はどうですか・・・ダメ出しをするってことはもっと良くなれる、もっとできる、こんなはずじゃないって思ってるってことでしょ?

だから、ダメ出しの言葉が浮かんだ時に深呼吸して、もっと良くなるために自分ができることは何だろう?って心のしつもんしてみてください。

全くダメ出ししない人なんていません。でも減らせることができれば見える景色も変わってきますよ!

サッカースクールクラッキのLINEアカウントです。お友達登録いただけると無料のプレゼントがございます!

ぜひご登録お願いいたします! 

https://lin.ee/xqEdfIY

投稿者: ヤタさんコーチ

私は、育成年代のサッカー現場において子供達の感情を揺さぶり主体的に行動・プレーする土台を作り、プレーする楽しさを存分に味わえるような環境を提供していく育成年代サッカーコーチです。 「サッカーってこんなに楽しい!」 子供達のそんな表情を想像すると”ドキドキ””ワクワク”してきます。 サッカースクール クラッキでは、子供達に安心安全の環境を提供し子供達一人一人に合った個別指導、労い、認め合い、強みの発見、才能の育成をサッカーを通して実践しています! その中で子供達が主体的に自分で問題解決できるように導くことが私のミッションです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です